アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

雨予報のキャンプはキャンセルする?判断基準や雨天決行時の注意点を紹介!

雨予報のキャンプはキャンセルする?判断基準や雨天決行時の注意点を紹介!
雨予報のキャンプはキャンセルするかどうか迷います。キャンプに行きたい気持ちはもちろんわかりますが、キャンセルするべき場合もあります。どういう状況ならキャンセルするべきなのか、キャンセルの判断基準や、雨天決行する際の注意点を詳しく紹介します。

雨でキャンプをキャンセルするときの注意点

キャンプ 雨 キャンセル

キャンセル料が発生する

キャンプ場によっては、雨天時のキャンセルにキャンセル料が発生します。

高規格で人気のキャンプ場はキャンセル料が設定されている場合が多いので、予約時にチェックしておくことをおすすめします。

またホームページ等に記載がないがないこともあるので、電話での問い合わせが確実です。キャンセル料の支払方法についても確認しておくと安心です。

キャンセル時の条件等を確認しておく

キャンセル料の条件についてはキャンプ場によって異なります。台風や大雨、警報レベルの荒天時はキャンセル料が発生しない場合もあります。

天気予報をチェックして、何日前からキャンセル料が発生するかをキャンプ場に問い合わせをして確認しておきましょう。

キャンセルの連絡をする

キャンセルすることが決定したらキャンプ場に連絡をします。事前に雨予報でキャンセルすることが決まっていたら、その時点で連絡をしましょう。

早めの連絡の方が、キャンセル料が少なく済むのはもちろん、キャンプ場にとっても予定が把握できるため親切です。

直前まで迷ってキャンセルすることになった場合は、キャンプ場に迷惑をかけることになるので誠意をもって連絡しましょう。

 

雨でもキャンプをキャンセルしない場合の注意点は?

キャンプ 雨 キャンセル

雨具を準備する

いつものキャンプ準備に加えて、ポンチョやレインコートを人数分用意しておきましょう。キャンプで傘は移動には使えますが、設営・撤収時には手がふさがってしまうので不便です。

濡れた地面に荷物を置くと濡れたり汚れたりするので、大きめのビニールシートなどがあると便利。濡れたものを持ち帰るために、大きいビニール袋を何枚か持っていくと何かと役に立ちます。

レインシューズも足元が濡れるのを防ぐので雨の日に大活躍。レインシューズや長靴が無い場合は靴に防水スプレーをしておきましょう。

タオルや着替えを多めに用意する

設営や撤収時に雨が降っていると、思っている以上にキャンプギアも自分たちも濡れます。タオルや雑巾を多めに準備しておきましょう。

また、足元が濡れるので靴下の替えや、荷物の余裕があれば靴の替えがあると便利です。

キャンプは着脱しやすい靴が便利ですが、濡れないためにも雨天時はレインブーツでの設営撤収がおすすめ。靴下やズボンの裾が濡れることを回避できます。

また濡れたギアや衣類を入れるビニール袋があると車内を濡らすことがないので役立ちます。

荷物を極力減らす

雨天でのキャンプは濡らしたくないキャンプギアは使用を控え、極力荷物を減らして設営撤収の時間を省くようにしましょう。

キャンプ後の片付けで、拭いたり乾かしたりする手間を削減することもできます。雨のときはまずタープを設営し、荷物を下に置くと濡れずに準備ができます。

しっかりしたペグを選ぶ

雨天時は地面がぬかるんで柔らかくなっていることがあり、ペグが抜けてしまうことがあります。長いペグはしっかりと地面に打ち込むことができます。

また、鍛造ペグは非常に頑丈にできているので、雨天時にもおすすめです。

撤収時の濡れたギアの持ち帰り方法を確認する

雨天時はテントやタープが濡れるので、持ち帰り方法を確認しておく必要があります。濡れたままでは車内が汚れてしまうので、ビニール袋やビニールシートを用意しておきましょう。

また、濡れたギアはしっかり畳むのが難しく、持ってきたときよりかさばることがあります。雨天のキャンプには荷物に余裕をもって行くことも大切です。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事