マウンテンバイクを買ったら、今度は自然のなかでのびのびと乗ってみたいと思いますよね。そんなときには、思いきってマウンテンバイク専用コースに行くのがおすすめ。今回は都心からアクセスがよい関東近郊の施設をご紹介します。

マウンテンバイク専用コースってどんな施設なの?

マウンテンバイク コース 関東

マウンテンバイク専用コースとは、どんな施設なのかを、簡単に説明しましょう。

初心者から上級者まで楽しめる

マウンテンバイクの醍醐味といえば、大自然のなかを、上ったり下がったり、思いっきり走り回ること。

ただ、実際に山を走るのは、どのコースを行けばいいかわかりづらかったり、手軽に走れるコースが少なかったりなど、初心者にとってはハードルが高いもの。

そんな時に、便利なのが専用コースです。マウンテンバイク専用コースは、地形を活かしたコースが設定されていて、初心者から上級者まで、レベルにあわせたコースを楽しむことができます。

障害物やダート専用などもある

中級、上級者向けには、倒木やジャンプ台といった障害物が設けられているコースもあります。

そのほか、土のうなどを積んで、人工的に山を作り、そこをジャンプして走り抜けるダートジャンプなどのパークを設置してあるところもあり、何度でもチャレンジしたくなるコースがあるのが魅力です。

 

マウンテンバイクコースに出る前の準備

マウンテンバイク コース 関東

専用コースに行く前の準備として、少しだけ必要事項を説明しましょう。

マウンテンバイク・準備するもの①バイク&ヘルメット

マウンテンバイク専用コースに行くには、ヘルメットのほかに、グローブやひざあてなどプロテクターなどがあった方が安心です。

多くの施設では、こういった小物類から、マウンテンバイクまでレンタルしてくれるところも多いので、手ぶらで行って、楽しむこともできます。

マウンテンバイク・準備するもの②運動靴は必須

服装は動きやすいものであれば、とくに問題ありません。ズボンは、車輪に巻き込まれにくい裾が絞ってあるタイプを選ぶか、裾バンドなどを利用するのがおすすめ。

靴は、運動靴など、乗っているときに脱げたりしない、ヒモなどで締めるタイプがよいでしょう。

マウンテンバイク・準備するもの③感染症対策グッズ

替えのマスクやアルコール消毒などを事前に準備しておきましょう。

最近は感染症対策で、完全予約制になっている施設もありますし、ヘルメットやグローブなどのレンタルを行っていないところもありますので、事前にホームページなどで確認が必要です。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。