ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ロードバイクのホイール寿命ってどのぐらい?取り替えの目やすからメンテナンス方法までご紹介

ロードバイクのホイール寿命ってどのぐらい?取り替えの目やすからメンテナンス方法までご紹介
ロードバイクのホイールは、快適に乗るためにとても大切なパーツですが、寿命や取り換えの目安をご存知でしょうか。今回は、ロードバイクのホイールについて解説します。ホイールの交換寿命を伸ばすためのメンテナンス方法も紹介するので参考にしてください。

ホイールは3つのパーツがあつまったもの

ロードバイク ホイール 寿命

そもそもホイールというのは、どんなパーツなのかを説明しましょう。

ホイールは乗り心地やスピードに関係する重要パーツ

ホイールというのは、自転車の車輪の部分で、走行性能や、乗り心地を左右するといっても過言ではない、重要なパーツです。

そのため、ホイールの寿命や取り替えの目やすについて事前に知っておくことで、急に壊れてもあわてたりすることなく、交換や修理をすることができます。

ホイールを構成する3つのパーツ

ホイールというのは、1つのパーツではなく、下記の3つのバーツによって構成されています。

  • リム
  • スポーク
  • ハブ

リムは、ホイールの外周部で、タイヤを装着する部分。ブレーキは、リムをブレーキシューで挟むことで減速するので、摩耗によって消耗しやすい部分です。

スポークというのは、ホイールの中心から放射状に伸びている棒状のパーツで、ハブとリムをつなげています。そしてハブは、ホイールの中心にある軸となる部分のことです。

 

ホイールの寿命はどのぐらい?

ロードバイク ホイール 寿命

ホイールの寿命の基準となるのは、次の2つです。

ホイール寿命の基準①走行距離

ホイール寿命の基準の1つ目は、走行距離です。一般的な目やすとして「20,000km」以上乗ったら、交換するタイミングといわれます。

もちろん、メンテナンスをこまめにしていたり、メーカー、使用頻度によっても、多少変わってきますが、20,000kmを越えたら、そろそろ替え時と思っておくといいでしょう。

 ホイール寿命の基準②パーツの破損

20,000kmを越えていなくても、リム、スポーク、ハブなどのパーツが壊れてしまった場合は、寿命といっていいでしょう。

パーツ破損の場合は、その部分のみ交換できる場合があります。ただし、これは「手組みホイール」といわれる、パーツを組み合わせてできているタイプのみです。

いっぽうで「完組ホイール」といわれる、各メーカーで、すでにセットされたホイールの場合は、ホイールごと交換することになります。

パーツの破損の例

  • パーツの破損の例をあげてみました。
  • リムがブレーキで削られてすり減った(触ると段差になっている)
  • リムの溝がなくなった(メーカーによって、あらかじめ溝が彫ってある)
  • スポークが曲がった、折れた
  • ハブベアリングがガタつく

このような症状がある場合は、パーツが破損している可能性があります。自分でチェックするか、難しい場合は、サイクルショップなどで確認してもらうといいでしょう。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事