ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.3

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.3
岩見天獅を取り上げたインタビューシリーズも、今回が最終回。ワールドサーフリーグ(WSL)のチャンピオンシップツアー(CT)や2024年パリオリンピックで頂点を目指すべく挑戦を続ける15歳の本音を聞いてみました。

昔からの夢と新しい夢

岩見天獅 インタビュー

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.1はこちらから、vol.2はこちらをご覧ください。

―サーフィンがオリンピックの追加種目に選ばれたときはどう思いましたか?

素直に嬉しかったです。サーフィンが認められたっていう感覚がありました。それによって、自分の目標にもう一つオリンピックが追加されました。

東京2020オリンピック出場はもしかしたら無理かもって思っていたんですが、その次のオリンピックもあるだろうし。オリンピック出場はCTクオリファイと同じようなレベルでの大きな目標です。

―その様子だと2024年のパリオリンピック出場を目指していると思いますが、具体的にはどんなプランを立てていますか?

19歳のときが2024年のパリオリンピックなんです。18歳でCTに入れればオリンピック出場もぐっと近づくと思うし、ISAのWSGにも出場を目指していきたいですね。

ジュニアの試合と同時に目指して、経験を積んでいきたいと思っています。

―そんな目標を持っている中で、ずっと海外に出られない状況が続いています。それについて焦りはありますか?

それはありますね。アメリカではサーフィンの試合が行われるようになっているなか、日本はほとんど試合がなかったですから。

海外の選手は試合に出て経験を積んでいるのに、自分はその経験ができてないっていうのは、試合勘がなくなる不安があります。

―それについてはどういう対処をしようと思っていますか?

常にモチベーションを保つことですね。そのためにいろんなボードに乗って、いろんなことを試すようにしました。トレーニングも相当やってきましたし。

(父:岩見公平さん)  試合が続くと、すぐに試合で使えるボードを用意しなきゃいけないじゃないですか。

でも、試合がほとんどなかったこの1年間は、すごい数のボードを作ってもらって、修正しまくって、ボードの研究に費やすことができたんです。何十本作ってもらったかわからないくらい。

それによってシェイパーと一緒により調子がいいボードを作ることができました。

(天獅) トレーニングをみっちりやったおかげもあって、去年の3月から17kgも体重が増えました。体脂肪は13%くらいかな。

 

さらなるレベルアップを目指して

ー現在取り組んでいる技やマニューバーはありますか?

今はエアーを練習しています。小さい頃からマニューバー系にフォーカスしてきたんですが、波が早くてダンバーでホレているとか、ワンターンしか入らないときとか、最後に一発逆転が必要なシチュエーションとかの場合、エアーを決められたら強いですから。成功率も上がってきました。

ーフィジカルのトレーニングに加え、今は合気道もトレーニングの一環としてやっていますよね?

はい。合気道は軸を作るのに効果があると思っています。ほかにもあるけど、詳しくは企業秘密(笑)。

フィジカルは、全身の筋肉をつけられるようにしています。脚だけ太くするとか、腹筋をつけるとか、特定の部位に限らずに、全体的なバランスでいい体になるように取り組んでいます。

例えば、エアーを練習している期間は、エアーのイメージができるトレーニングを組んでもらったり、バックハンドが上手くいっていないときはそれに対応したトレーニングをやったり。

(父) 合気道は精神論でもあるので、メンタルトレーニングの要素もあります。

(天獅) 本当の意味での平常心を鍛えられますね。常に落ち着いていることで、サーフィンしている最中でも焦らないし、サーフィン自体もすごく調子が良くなりました。

合気道やった次の日は、軸がしっかりしていて、体がまったくブレないんです。以前はけっこう焦っちゃって目線もわからなくなっていたんですけど、今は空中で止まっているような感覚があります。ゆっくり感じられるんですよ。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事