ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.1

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.1
直前に控えた東京2020オリンピック。しかし、水面下では2024年に開催されるパリオリンピックへの戦いもすでに始まっています。今回は、ホープと称される岩見天獅に単独インタビューを敢行。サーフィンを始めたいきさつや、環境作りなどを伺いました。

父の影響で始めたサーフィン

岩見天獅 サーフィン

―生年月日や出身地など、まずは自己紹介をお願いします。

2005年6月19日に東京の板橋区生まれです。小学校4年生のときに千葉の海沿いに引っ越してきました。

―サーフィンを始めたきっかけはなんだったんでしょうか?

父がもともとサーフィンをやっていたんです。海に行く機会が多くて、自分もかっこいいなと思って始めました。5歳のときです。

周りにはまったくサーフィンをやっている人がいなかったんですけれど、父が通っていたサーフショップにチーム員がいっぱいいたので、寂しさはなくて、逆に楽しかったですね。

―小学校4年生のときに移住したということですが、移住を決断した経緯は?

海から離れたところに住んでいたので、サーフィンを始めてからずっと、毎日海に入れないもどかしさがあったんです。

小学校2年くらいの頃から目標に掲げているワールドサーフリーグ(WSL)のチャンピオンシップツアー(CT)に入るためには、毎日サーフィンできる環境じゃないと絶対に無理だと感じました。

それなら早めに海のそばに住んだほうがいいと思って、ずっと引っ越そうっていい続けていました(笑)。

 

反対された海沿いへの移住

―サーフィンの場合、海のそばに住んだとしても、本当に海の目の前に家がない限り、子供は1人で海には行けないですよね。送り迎えが絶対に必要になってきます。それがサーフィンというスポーツの難しさでもあるわけですが。

(父:岩見公平さん) 僕はCTに入って欲しいとは、最初はまったく思っていなかったんです。移住はダメだ、ふざけるなといっていました。

―お父さんはなぜ移住には反対だったんでしょうか?

(天獅) たぶん寂しいからじゃないですか(笑)?

(父) いや、僕自身、試合に興味がなかったからなんです。かろうじてCTがどういうものかわかるくらい。

あと、天獅が5歳くらいのときに埼玉に家を購入していて、自分でやっている会社の事務所もそこに移していたので、移住は無理だと。それ以前に、天獅がサーフィンをやっていること自体、面倒に感じていた部分もあったんですよ。

―現在のご両親の協力的な様子からすると、まったく想像がつきませんね。

(父) 小学校3年くらいのときに、本人が試合に出たいって言い始めたんです。周りの人たちにも本人が自ら相談していて。

相談を受けた周りの人たちが「運転だけしてくれれば、他はこっちでなんとかするから、かわいそうだし、試合に出してあげて欲しい」って言ってくれたんです。

そのときには千葉の海沿いに別荘を持っていたんですが、そこまで言うなら、1年だけの限定で試合に出ることに付き合おうと決めました。

「出たい大会を自分で選べ」って言って。自分でインターネットで調べてました。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事