ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.2

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.2
前回に引き続き、今回も単独インタビューを行った岩見天獅が登場!2024年のパリオリンピックも視野に入れる次世代サーフスター候補が、将来の目標や自己分析、日本と海外の違いなどについて話してくれました。

よりサーフィンに集中するために

岩見天獅 インタビュー

【岩見天獅】2024年パリオリンピックとCT入りを狙う次世代サーファーインタビューvol.1はこちら

―今年から高校に進学しました。今のサーフィンライフはどうですか?

千葉市にある通信制の高校なので、登校するのは週に1回です。登校日は9時半から授業が始まって16時20分に終わるので、その日は海には入れないですけれど、それ以外の日はみっちりサーフィンができます。

―その通信高校を選んだのは純粋にサーフィンのためですか?

思いっきりサーフィンできる環境が作れることと、人脈という意味合いがありました。いろんなところから面白い人が集まってくると思ったので。

フィギュアスケートの紀平梨花さんも通っていた高校で、特待生として入学することができました。学校も、大会や練習に最適な波が割れているときは登校しなくても大丈夫というスタンスです。

小学校時代や中学校時代も、学校側にはサーフィンに対する理解はあったんじゃないでしょうか?

そうですね。小学校のとき皆勤賞を取ったんですが、校長先生が休校制度を作ってくれて、大会で休むときなどはその制度を利用させてもらいました。その代わりに宿題が出て、休みをカバーすることが前提でした。

中学校のときは、海外の試合の場合は前後3日間、国内の場合は前後2日間休めるようにしてくれました。小学校から引き継ぎをしてくれて、サーフィンや試合に集中できるような環境でした。

―そうした学校側の理解はサーフィンが盛んな土地柄が大きかったのでしょうか?

間違いなくそうだと思います。ただ、それまで自分のような前例はなくて、自分たちがそうしたケースを作っていった感じです。

(父:岩見公平さん) その代わり、宿題もけっこう多かったですよ。でも、宿題は絶対にやれ、義理は欠くな、と言い続けていました。

だから、泣きながら試合の合間に宿題をやっていたこともありました(笑)。アメリカでの試合のときも、2週間くらいビーチにいなきゃいけない中、パラソルの下で宿題をしていました。

 

CT入りへの道のり

―目標としているサーファーを教えてください。

ジョンジョン・フローレンスです。小学4年のときからずっと彼が目標です。誰が見ても「やっぱり違うな」と思わせるサーフィンをしていますから。サーフィンスタイルがかっこいいですよね。

中学のときにお気に入りのサーファーがジュリアン・ウィルソンになったこともあったんですけれど、それからイーサン・ユーイングに変わり、またジョンジョンに戻ってきたって感じです(笑)。

ジョンジョンは一時期、ケガが重なって試合に出ていなかったのですが、最近カムバックしたのを見たら「やっぱりかっこいい」と改めて思いました。

―小さい頃から抱いているゴールはやはりCT入りですか?

そうですね。小学6年くらいの頃から、CT入りするにはどうしたらいいのか、具体的に考えるようになりました。

まずはワールドジュニアの試合でファイナルかセミファイナルまで勝ち上がる。そうすれば最高グレードのQS(クオリファイイングシリーズ:CTの下部ツアー)10,000の試合に出られますから。そこで成績を残して18歳でCT入りというのがプランです。あと2年ちょっとですね。

―昔とは試合のフォーマットに少し変更がありましたよね。CTに入るにはQSのリージョナルツアーに出て、その上位の選手が戦うCS(チャレンジャーシリーズ)で好成績を残すことが必要になりました。そんな中で、直近のゴールとして見据えていることはなんでしょうか?

とりあえずワールドジュニアに出場することと、なんとかしてQSのリージョナルツアーで4位以内に入ることです。今年はそれを達成したい。そうすれば、より高いレベルで経験を積むことができるので。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事