【サイクリング中のイヤホンは違反!?】耳を塞がない骨伝導イヤホン&ウェアラブルトランシーバーなら大丈夫!おすすめ4選

Greenfield

【サイクリング中のイヤホンは違反!?】耳を塞がない骨伝導イヤホン&ウェアラブルトランシーバーなら大丈夫!おすすめ4選 出典FOCAL POINT

自転車に乗っているときにイヤホンをつけることは、道路交通法違反となります。理由は、耳を密閉した状態で走行すると、周囲の状況を把握することが難しく、事故を誘発する危険があるからです。しかし、サイクリングをしているときにイヤホンが使えると、ナビゲーションや友人とのコミュニケーションに便利ですよね。そこでおすすめなのが、骨伝導イヤホン&ウェアラブルトランシーバー。骨伝導イヤホン&ウェアラブルトランシーバーは耳を密閉せずに使えるので、サイクリング中でも安全に使うことができます。おすすめをいくつかご紹介します。

骨伝導イヤホンがおすすめな理由

 

最初にも触れましたが、通常のイヤホンをつけながらの自転車走行は道路交通法違反です。

「骨伝導イヤホン」は耳を直接密閉しないため、車の音など環境音もちゃんと耳に入ってきます。

そのため、サイクリングで使用しても事故を招く危険性が低いのです。

また、鼓膜を直接刺激しないので、長時間の使用でも耳が疲れません。

骨伝導イヤホンがあれば、好きな音楽を聴いたり、友人と会話したりと、サイクリングの楽しみの幅を広げることができます。

 

 

骨伝導イヤホンの選び方① 装着感で選ぶ

 

通常のイヤホンであれば耳の穴に装着しますが、骨伝導イヤホンの場合、こめかみに挟み込む形であったり、耳に掛ける形があったりします。

骨伝導イヤホンを選ぶときには、装着した時に違和感が少ないものを選ぶといいでしょう。

特に、サイクリングで使用する場合は、激しい振動でイヤホンがズレてしまうこともあるので、骨伝導イヤホンを着けたときの装着感を重視した方がいいでしょう。

 

 

骨伝導イヤホンの選び方② コードレスで使えるものを選ぶ

 

骨伝導イヤホンにも、普通のイヤホンのようにコードがついている有線タイプと、Bluetoothなどに接続して使える無線タイプがあります。

サイクリングで骨伝導イヤホンを使用するのであれば、コードの干渉はない方がいいので、コードレスの無線タイプを選んだ方がいいでしょう。

無線タイプの場合、有線タイプよりも音質が劣るというデメリットはありますが、コードが干渉してしまうとサイクリング時に邪魔になりますし、ふとした拍子に手が引っかかってイヤホンが外れてしまうという可能性もあります。

そのため、骨伝導イヤホンを選ぶときには、コードレスの無線タイプを選ぶといいでしょう。

 

 

おすすめの骨伝導イヤホン4選

ここからはサイクリング時におすすめの骨伝導イヤホンを4つ紹介します。

 

1.CODEO 骨伝導 ワイヤレス ヘッドホン Bluetooth対応


・Bluetooth対応

・防水:IP4

・動作時間 音楽連続再生7時間、連続通話9時間

 

骨伝導スピーカーによって耳を塞がずに、周囲の音を聞きながら、ハンズフリーで音楽や会話を楽しむことができます。

Bluetooth対応で見た目にもすっきりしています。

また、防水性能も備えており、多少の雨や汗にも安心して使うことができます。

 

2.Build Excellent(ブゥルデ エケセルエンテー)ワイヤレス骨伝導 後掛け式ヘッドホン


・Bluetooth対応

・防水防塵対応

・連続使用時間:6~8時間

 

カラフルでスポーティなデザインなおしゃれな骨伝導イヤホンですが、性能も申し分なく、防水防塵性能に優れているので、雨などにも対応できます。

ヘッドホン上に音量を調節するボタンが設置されているので、手動で簡単に音量を調節することが可能です。

調節式のヘッドバンドもついているので装着感もよく、サイクリング時の振動にも耐えることができます。

 

3.AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

・Bluetooth対応

・防水防汗機能

・再生時間:最長6時間

 

“LeakSlayer”という革新的な技術によって、自然な音漏れが大幅に軽減されているので、骨伝導イヤホンの中でも音質がいいです。

また、 OpenFit(TM)デザインによって周囲の音を認識でき、耳を圧迫しないので、耳の疲労を軽減することができます。

軽量で、柔軟性と耐久性に優れたチタンをヘッドバンドに採用しており、装着感にも優れています。

 

4.ウェアラブルトランシーバー BONX Grip

・Bluetooth対応

・防水、耐衝撃性

 

こちらはウェアラブルトランシーバー。

専用アプリを利用することで距離無制限で最大10人まで同時に話すことができるイヤホンで、音楽を聴くこともできます。

このイヤホンの最大の特徴は、話すと自動的に通信がはじまり、話し終わると通信が終わること。

バッテリーや通信料を気にする必要がありません。

通話の度にスマホを操作する必要もないので非常に楽です。

開放型の設計になっているので、装着しながらも環境音をしっかり聞くことができ、安全に走行できます。

ウェアラブルトランシーバー BONX Grip

 

まとめ

骨伝導イヤホン&ウェアラブルトランシーバーがあれば、サイクリング時に音楽を聴いたり、自転車に乗りながら友人と話したりすることができます。サイクリングの楽しみを広げてくれる骨伝導イヤホン&ウェアラブルトランシーバー、皆さんもぜひ使ってみてください。

公式アカウント

関連記事