アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

安全なサイクリングのために!「落車」につながる3つの要素と対策法

安全なサイクリングのために!「落車」につながる3つの要素と対策法
自転車に乗っている人が気をつけなければならないことのひとつが「落車」です。自転車は転倒したときに体が剥き出しの状態で地面と衝突するので、大けがにつながる恐れもあります。今回は、落車しないためにできる対策をまとめました。

落車につながる3つの要素について

自転車 落車

落車の原因となるものには、大きく分けて3つの要素があります。

1つ目は、道路の状況です。

自転車で走る道はすべてが完璧に整っているわけではなく、走行するうえで障害となりうるものが多くあります。それらをきちんと認識し、うまく避けていくことが重要です。

2つ目は、運転意識や技術です。

落車をしないためには、できるだけリスクを軽減できるような走行が求められます。安全運転のための意識や、しっかりとした運転技術が必要です。

3つ目は、自転車の状態にあります。

いくら安全に走行し、道路の状況を把握していたとしても、自転車が不良状態では安全に走ることができなくなります。

今回は、この3つの落車要因について詳しく解説していきます。

落車の原因となる要素① 道路状況

自転車 落車

まずは、1つ目の道路状況について。道路上には自転車の転倒につがる障害がいろいろありますので、例を出しながら詳しく紹介します。

①縁石などの段差

自転車で走っているときは、車道の状況に応じて歩道へと進路を変えて走ることがあります。道路と歩道を仕切る縁石は、とくに事故につながりやすいポイントです。

ロードバイクなどの細いタイヤでは段差にとられて落車のリスクがあがりますし、雨でぬれているときはより注意が必要です。

対策としては、段差を上がるときにはスピードを落とし、段差に対して車体に角度をつけて上がるようにするといいでしょう。

②マンホールや白線など

車道を走行しているとよく目にするマンホールなどの金属や、車線として引かれている白線は、じつはアスファルトよりも滑りやすいです。

とくに雨が降ったあとの濡れたマンホールは、凍結路面と同じぐらいスリップのリスクが高くなります。

そのため、こうした部分はできるだけ避けるか、減速してマンホールの上では曲がらないように通ったほうがいいでしょう。

③アスファルトの裂け目や排水溝

道路にはアスファルトが裂けている部分や、コンクリートとの境目に生じた亀裂があります。

こういった部分はタイヤの細い自転車で走ってしまうと、タイヤがはまってしまいハンドルの制御ができなくなります。

また、排水溝の部分でも同様の危険があります。このような部分はなるべく避けるために、道路状況をしっかりと把握しながら走行しましょう。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事