冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

冬キャンプの大敵!テントの結露対策と対策おすすめアイテム

冬キャンプの大敵!テントの結露対策と対策おすすめアイテム
昨今、冬キャンプが注目を集めています。冬キャンプでの課題になるのが、寒さのほかに結露があげられます。結露をほっておくとテント内がずぶ濡れになってしまい、カビの原因にもなります。今回は結露の原因と対策、おすすめの対策グッズをご紹介します。

 

冬に結露がおきやすいのはなぜ?

冬キャンプ 結露対策

2020年は新型コロナウィルスの影響もあり、密にならないレジャーとしてキャンプが一大ブームとなっています。

キャンプは春・夏のイメージが強いとおもいますが、近年では冬キャンプも注目を集めています。

焚火のぬくもりや雪の美しさなどの、冬キャンプにしかない魅力がおおくのキャンパーをひきつけているのでしょう。

そんな冬キャンプの悩みのひとつが結露ではないでしょうか?

朝起きたらテントがぐっしょり、といった経験をされた方も多いと思います。冬は特に結露が起きやすいといわれています。

 

テント結露の原因

冬キャンプ 結露対策

結露は湿度、室内と室外の温度差によって起こる現象です。

空気中には水分が気体の状態で含まれており、この空気が冷えると水分は徐々に液体に変わります。

外気に接し温度の低くなったテント表面に、室内のあたたかい空気が触れると液体に変化、これが結露の原因です。

結露は空気中の水分(湿度)が高いほど発生しやすくなります。また、室内と屋外の温度差が大きいほど出やすくなります。

冬キャンプではテント内を閉め切りがちになり湿度が上がりやすく、加えてテント内で暖房器具などを使うと、温度差が大きくなり結露が発生しやすくなります。

このため、冬キャンプは結露が発生しやすいのです。

結露によるデメリット

テント内の結露をほっておくと、カビの原因になり汚れやにおいに繋がります。ポールなどの金属は結露によってサビが生じます。

また、テントの隅においた荷物が濡れてしまうと、最悪の場合使えなくなってしまうこともあります。

筆者はテントの隅にうっかり食材が入ったバッグを置いてしまい、その中にあった買ったばかりのスパイスを濡らしてダメにしてしまった経験があります。

さらに、ランタンや機械なども結露で濡れてしまうと故障の原因になるので、冬キャンプでの結露は対策が必須といえるでしょう。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事