小学生になったらスキーデビュー♪に迷ってるお父さんお母さん♪冬ならではのアウトドアスポーツを家族みんなで楽しみませんか!?

【イタリアサイクリング事情】コロナ禍のイタリアサイクリング事情は?現イタリア在住者がレポート

【イタリアサイクリング事情】コロナ禍のイタリアサイクリング事情は?現イタリア在住者がレポート
コロナで甚大な被害を受けたイタリアですが、数ヶ月がたち、かなり落ち着いてきています。外出制限が解除された現在のイタリアの状況やサイクリング事情はどのようになっているのでしょうか。現地在住者目線で、レポートしたいと思います。

コロナ禍のイタリアの状況をリポート

イタリア サイクリング コロナ

コロナによる2ヶ月におよぶロックダウンのなかでストレスや恐怖を感じた人も多く、いつも楽観的なイタリア人でさえ慎重な行動をしなければならない状況でした。

9月現在、イタリアはコロナによる外出などの制限はありません。マスクの着用については、お店などの室内や広場、アトラクションスポットなど、人が集合しやすい場所では義務になっていますが、そのほかは任意です。

以前は一時的に室外で出る場合でもマスクの着用が義務になっていたこともあり、任意となった今でも6〜7割の人は外出時などにマスクを着用しています。

お店のコロナ対策としては、入店する際の人数制限を設けていたり、キャッシャー付近には、飛沫防止のクリアパネルを設置しているところが多く見受けられます。

 

コロナ禍でのイタリアサイクリング事情の変化

イタリア サイクリング コロナ

外出制限の解除により、サイクリングをしている人も見かけるようになりました。また、コロナによってサイクリングの状況も変化しています。どんなところが変わったのでしょうか。

コロナによる変化:サイクリングの際は少人数

サイクリングはイタリアの国民的スポーツで、以前までは友だちや家族など10人ぐらいのグループで走っている人も多かったのですが今は、密を避けて1人、もしくは家族のみでのライドが推奨されています。

コロナによる変化:自転車でもソーシャルディスタンス

自転車でも「ソーシャルディスタンス」を守り、自転車との間隔を1m程度、距離を取ることが推奨されています。

大らかな人が多いイタリアでは、こういったルールが守られているのか気になる人も多いと思いますが、意外にも、多くの人が守っています。

コロナでの被害の大きさが、今でも警戒心を持ち続けるモチベーションとなっているようです。

ページ: 1 2
   
   

マウンテンバイクカテゴリの最新記事