高低差をつくる、上級テクニックのレイアウト

サイトをおしゃれに魅せるには、高低差をつくるのが上級テクニック。

全体が一番カッコよく見える「写真スポット」をどこにするか、意識しながら設営しましょう。

コンテナをふたつ重ねたり木製ボックスをスタッキングしたりと、アイデア次第で簡単に高低差はつくれます。手もちのギアをアレンジして、手前を低く、奥を高くしたレイアウトにしてバランスよく。

テントとタープで立体感をつくったレイアウト例

https://www.instagram.com/p/CEDjTuXBtUX/

 

テントを背景に、高低差がつくられたレイアウト。

多少の雨風でも対応でき、快適に過ごせそうです。シェルフに小物類を集約させているので、家族みんなが管理しやすいですね。

整理整頓がしやすい、ファミリーキャンプにぴったりのレイアウトです。

透明の壁があるようなレイアウト例

https://www.instagram.com/p/CEROQL9hqnQ/

 

こちらは、タープ内にリビングがすっきりおさまったサイトレイアウト。

ギアシェルフとコンテナで、内と外がゆるやかに仕切られています。まるで透明の壁があるかのような雰囲気ですね。開放感もありプライベート感もある、いいとこどりのおしゃれサイトです。

ざっくりラフながらも、美しく見えるレイアウト例

https://www.instagram.com/p/CBhTzjQBhtV/

 

どことなくラフさを感じる、くつろぎ感満載のサイトレイアウトですね。

高低差がうまくつくられているため、ゴチャつき感はゼロ。目線の先に海が広がっているため、開放感があります。景色とサイトレイアウトをうまく融合させた、秀逸なサイトです。

簡単におしゃれなキャンプレイアウトにするコツは、「色の統一・ラインを揃える・高低差を出す」の3つでした。レイアウトは、たったひと手間で全然違う見た目になります。いろんなスタイルにトライしてみるのも、キャンプの醍醐味。周りと差がつく、あなただけのレイアウトを探してみてくださいね。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。