ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

山で人命を救うプロッフェッショナル「山岳警備隊(警察)」の活動について

山で人命を救うプロッフェッショナル「山岳警備隊(警察)」の活動について
   
今回は、山岳遭難の救助活動に欠かせない「山岳警備隊(警察)」についてご紹介していきます。山岳警備隊(警察)は、どのような人たちによって組織されているのか、どうしたら山岳警備隊になれるのか、普段はどういう活動をしているのか探ってみました。
   

「山岳警備隊(警察)」ってどういう組織?

山岳警備隊(警察)

 

山岳警備隊は、全国の都道府県にある警察内(主に警察本部生活安全部)に設置されています。

主に山岳エリアを中心に警備活動や救助活動を行っている組織です。

山岳警備隊としてよく知られている組織には、富山県警山岳警備隊や長野県警山岳警備隊、岐阜県警山岳警備隊などがあります。

富山県や長野県、岐阜県をまたがるようにして3,000m級の山々が連なる北アルプスがあるため、この3県の山岳警備隊は体制が充実していることで知られています。

 

富山県警山岳警備隊

富山県警山岳警備隊は、1965年(昭和40年)に結成されました。

登山のメッカ北アルプスを管轄しているため、これまでに救助した延べ人数は3,000名を数えます。

また、残念ながら遭難者の救助活動中に殉職された警察官は3名となっています。

富山県警山岳警備隊は、剣岳登山の玄関口「馬場島」がある上市警察署、富山南警察署、魚津警察署、黒部警察署、入善警察署などに所属する警察官で構成されています。

救助に使用するヘリコプターはアグスタ A109K2「つるぎ」。

山の常駐拠点は、馬場島、室堂、剣沢などにあります。

富山県警では、山岳経験者が警察官採用試験を受験して、山岳警備隊に入隊することが多いようです。

一般的な警察官とは活動内容が異なり、山岳エリアでの巡回警備と救助訓練、登山訓練などを日頃から行っています。

 

 

富山県警レスキュー最前線

 

長野県警山岳救助隊

長野県警山岳警備隊は、日本の山岳警備隊の中で最も歴史があります。結成は1954年(昭和29年)です。

警察本部地域課内にあり、警視の隊長を中心に、副隊長(警部)、ヘリコプターの操縦士、整備士、そして活動の中心的役割を果たす機動隊(8名)と女性隊員2名によって構成されています。

山岳地帯の拠点は、涸沢山、白馬岳頂上、常念山脈、唐松岳頂上、宝剣山荘、赤岳鉱泉などにあります。

山岳救助隊を志願する隊員は、警察署内の地域課で山岳登山の実績を積んだのち、山岳救助隊に配属されます。

長野県警山岳救助隊は常日頃からロッククライミングなどの高度な山岳登山訓練を行いながら救助要請に備えています。

 

 

長野県警レスキュー最前線 ヤマケイ文庫 / 長野県警察山岳遭難救助隊 【文庫】

 

岐阜県警山岳救助隊

岐阜県警山岳警備隊は、1970年(昭和45年)に結成されています。

新穂高岳や穂高岳などに常駐拠点があり、登山訓練や救助訓練を行いながら出動要請に備えています。

 

 

 







安全・危機対策カテゴリの最新記事