ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ブッシュクラフトとは?究極の野遊びブッシュクラフト の魅力と必要な装備

ブッシュクラフトとは?究極の野遊びブッシュクラフト の魅力と必要な装備
ブッシュクラフトとは自然の魅力を1番堪能できる究極の野遊びの事。自然の中で自然に暮らす生活の知恵という意味が込められています。ブッシュクラフトを一度知ると普通のキャンプでは満足できなくなります。

ブッシュクラフトとは?

ブッシュクラフト アイテム・装備

焚き火=ブッシュクラフトと思っている人がたまにいますが、ブッシュクラフトとは要約すると「生活の知恵」という意味になります。

自然を知り、ロープワークやナイフワークを駆使して自然の中でいきることがブッシュクラフトです。

発祥は北欧と言われており、寒冷な地で培われた焚き火の知恵や技術が蓄積・発信されてきたことで現代にまで伝わっているのだと言われています。

サバイバルとブッシュクラフトとキャンプの違いは、自然の中での過ごし方に決定的に違う部分があります。

  • キャンプ:道具をたくさん持っていき、自然を快適に過ごす
  • ブッシュクラフト:自然にある物を使い、自然と一体になる様に過ごす
  • サバイバル:生存と帰還が目的の状態

ブッシュクラフトは自然の中にあるものを用いて過ごすこと。とはいえ、サバイバリストでもない私たちが道具を持たない状態で自然の中で過ごすことはできません。

最低限の道具を持ち、自然を知り、自然の中で自然に過ごす究極の野遊び、それがブッシュクラフトなのです。

 

ブッシュクラフトの魅力

ブッシュクラフト アイテム・装備

ブッシュクラフトの最大の魅力は自然をより身近に感じられるところです。

キャンプをやっていくと道具が増えていきますが、ブッシュクラフトの場合は知識が増えていき、持っていく道具が減っていきます。

ただ、自然の中で過ごすためにはある程度の知識と技術が必要。そこで最初に習得する必要があるのがロープワークとナイフワークです!

ロープワークにも色々な結び方があり「長さを調節できる」たり、「縦の力に強いが、横に移動しやすい」など、テントを張る時や物を吊るす時とそれぞれの場面で適した結び方があります。

そしてもう1つはナイフワークです。ブッシュクラフトといえばフェザースティックですよね。

簡単そうに見えて意外と難しいと言われているこの方法も、コツさえつかめばそこまで難しいものでもありません。

そうやって回数をを重ねていくうちに自然で過ごす知恵が身に付き、気付けば今まで使っていた大量の道具ではなくその場で作った木や石の道具に囲まれている状態に。

身の回りが自然な物で溢れてるって素敵じゃないですか?

自然に囲まれた場所で自然にあるものを使い、焚き火をして火を眺めて過ごす。自然が好きな人にはたまらない魅力がブッシュクラフトにはあります。

 

ブッシュクラフトで必要な装備

今持っているキャンプ道具をブッシュクラフトで使ってもなんの問題もない。

というのが筆者の正直な感想です。

ブッシュクラフトは自然に中にあるもので道具を代用していくので、特別な道具はないんです。

今回は最低限必要なナイフをまずは紹介したいと思います。

ブッシュクラフトおすすめナイフ「モーラナイフ」

 

「モーラナイフ」というスウェーデンを代表する有名なナイフブランドです。

コスパが良く手入れなしでも切れ味が良いため、ナイフ界では大人気。持っておくだけでも楽しくなってしまう心躍るアイテムです。

 

ブッシュクラフトの注意点

ブッシュクラフト アイテム・装備

実際に山に入るとなると知っておいて欲しい注意点が2つあります。

  • どこの山でも勝手に入って良いわけではない
  • 直火は基本的にNGである

この2点です。

日本の山は大体だれかの所有地であることが多いです。YouTubeや雑誌などでブッシュクラフトをしているのを見かけますが、自分の所有地もしくは許可を取っている場所に限って行っています。

ですので、勝手に山で焚き火をしていると所有地の人に見つかった場合は、警察沙汰にもなりえます。

次に、直火は基本的にNGの意味ですが、これは地面の上で焚き火をする直火は基本的にキャンプ場ではNGという意味です。

場所によってはできる所もありますが、キャンプ場によってルールが違うので予め調べておく必要があります。

なかには「ブッシュクラフトアドバイザー」もしくは「インストラクター」の資格があれば直火がOKになるキャンプ場もあるので下記を参考にしてみて下さい。

 

ブッシュクラフトができる場所

ブッシュクラフト アイテム・装備

本格的な山ごもりでなくとも、ブッシュクラフトは十分に楽しむことができます。

例えば、山梨県の「同志の森キャンプ場」では直火はNGですが目の前にはきれいな川が流れ、せせらぎを聞きながら眠りにつける自然豊かなキャンプ場です。

直火でしなければ良いだけなので何の問題もありません。

どうしても直火でしたいという場合は上記でも説明したブッシュクラフトアドバイザー等の資格をとり、ジャパンブッシュクラフトスクールの提携である「淡路島マンモス」などをご利用するようにしましょう!

資格を持っていれば、特別に直火がOKになるキャンプ場です。

自然に過ごすブッシュクラフトは災害時にも役立つ知恵にもなりえる究極の野遊びです。自然が大好きな方はぜひはじめてみてはいかがでしょうか?
   
   

ブッシュクラフトカテゴリの最新記事