季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

【初級・中級】ブッシュクラフトができるおすすめの野営地!!

【初級・中級】ブッシュクラフトができるおすすめの野営地!!
   
ブッシュクラフトには危険な落とし穴がいっぱい。なにも知らずに山に入ると法律違反として逮捕される可能性も十分にあります。ブッシュクラフトアドバイザーである筆者が安心して利用できるおすすめの野営地をご紹介します。
   

ブッシュクラフト野営地を決めるときの注意点

ブッシュクラフト 野営地 おすすめ

ブッシュクラフトと聞けば「とりあえず山に入り焚き火をする」と思われがちですが、それは大きな間違いです。日本の山はだれかの所有地である事がほとんどのため、うかつに山に入ると不法侵入として警察沙汰になる可能性もあります。

どうしても山でブッシュクラフトがしたいときは、自身で山を買うか山の所有者に直接交渉をするかのどちらかです。

筆者は山を共有するFacebookのグループに参加しているので、そちらを利用しています。気になる方はSNSで検索してみてください。

 

ブッシュクラフト野営地を決めるポイント

ブッシュクラフト 野営地 おすすめ

ブッシュクラフトをするための野営地を決めるポイントは3つ。

  • 自然を堪能できる
  • 法律に引っかからない
  • 木が調達できる

この3点を抑え、存分にブッシュクラフトを楽しめるおすすめの野営地が「キャンプ場」と「河川敷」です。

この2つの野営地は難易度が全く異なり、必要な装備まで変わってきます。キャンプ場に関しては特に気にすることは無いのですが「河川敷」は要注意。

山としての危険だけでなく川の水にも危険が溢れているので、後に紹介する必要装備は必ずチェックしましょう。

 

おすすめブッシュクラフト野営地【キャンプ場】

ブッシュクラフト 野営地 おすすめ

キャンプ場は、初心者~中級者におすすめの野営地です。

ブッシュクラフターのほとんどがキャンプ場を利用しています。特に山奥の「無料キャンプ場」や「◯◯青年の家キャンプ場」は人が少なく、程よい手つかず感で、野営地として人気のあるスポットです。

残念なことに焚き火跡やゴミの放置問題で封鎖される無料キャンプ場が増えてきています。そのため、Googleマップでは営業になっているのに閉鎖されていることもしばしば。利用の際方は直接電話で聞くことをおすすめします。

ブッシュクラフト必要装備

遊びマニュアル

大人の野遊び技術が詰め込まれたマニュアル本。ロープワークやナイフワークはもちろんのこと、火遊び技術や自然の知恵まで網羅されています。いずれ山ごもりやサバイバルをしたい方には必須の教科書です。

本は荷物になると考える方には、電子書籍としての購入もおすすめです。

パラコード

ロープといえばパラコード。パラシュートにも使われているロープで250㎏もの荷重に耐えられます。ブレスレットとして使用している方も多く、ブッシュクラフトにおいては必要なアイテムです。







ブッシュクラフトカテゴリの最新記事