『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

【北海道編】道産子がおすすめする人が少ない穴場レジャースポット

【北海道編】道産子がおすすめする人が少ない穴場レジャースポット
   
アウトドア初心者だと、混雑しているところは周りに気を使ってしまうこともありますよね。道産子の筆者が、北海道の穴場アウトドアスポットをこっそり紹介します!
   

北海道レジャースポット:ばんけいの森

北海道 レジャー アウトドア

スキー場で有名な土地で、ウィンタースポーツを楽しむ方は一度は行ったことがあるかもしれません。

そんなばんけいが、夏のアクティビティにも力を入れはじめ、家族連れから本格的なアスリートまで楽しめる施設になりました。

どんな場所?

2019年にオープンしたばかりで、じつはまだあまり知られておらず、敷地が広大で混雑知らずの場所です。

どんなことができるの?

山林を利用したツリートレッキングや、560mのジップライン、トレイルランニングやマウンテンバイクコースなどが用意されており、ファミリーからアスリートまで大満足のスポットです。

手ぶらで行ける?

アクティビティはレンタルできるものがほとんどなので、手ぶらで行くことができます。また、併設のレストランもあるので食事の心配もなし。

オススメポイント

無料駐車場は1,000台分確保されているので、自家用車で行きやすい!

また小林峠はアクセス面が気になりますが、市内3つの地下鉄駅からバスが出ているので公共交通機関でも遊びに行けます。

住所 札幌市中央区盤渓410
TEL 011-641-0071
駐車場 無料

公式サイト:夏のスキー場│夏のばんけい

 

北海道レジャースポット:新篠津村しのつ公園キャンプ場

北海道 レジャー アウトドア

しのつ湖に併設された公園内にあるキャンプ場で、道の駅を中心に温泉やキャンプ場、グランピングなどが楽しめます。子どもやキャンプ初心者でも気兼ねなく遊べる場所です。

どんな場所?

札幌から少し離れた石狩にあるので、街を離れて非日常感をたっぷり味わいたい人におすすめ!

どんなことができるの?

しのつ湖キャンプ場は、自由にテントを張ることができるフリーサイトエリアと、グランピンクエリア、レンタルテントエリアに別れています。

人気のグランピングエリア以外は混雑することはほとんどなく、人も少ないので初心者の方はフリーサイトがおすすめです。

手ぶらで行ける?

グランピング施設やレンタルテント、BBQセットなどがあるので、手ぶらで行くこともできます。しかし、グランピングエリアは週末は混雑することが予想されます。

借りられなかったときのために、心配な人はレジャーシートや軽食など、簡単に用意できるものは持参しておくのがおすすめです。

オススメポイント

湖畔も整備されているので初心者でも釣りやすいスポットで、キャンプシーズンにはコイ釣りも楽しめますし、北海道では貴重なナマズ釣りスポットなので、ルアーフィッシングを楽しみたい方にもおすすめです。

住所 北海道石狩郡新篠津村第46線南3
TEL 0126-58-3508
駐車場 無料(オートキャンプ別途)

公式サイト:しのつ湖 キャンプ│新篠津村

 

北海道レジャースポット:苫小牧市ノーザンホースパーク

北海道 レジャー アウトドア

北海道の名物でもある競走馬と触れ合えるレジャー施設です。競馬の厩舎が運営しているので、全国探してもほかでは体験できないことがたくさん!

どんな場所?

苫小牧や千歳の市街からやや離れていることもあり、混雑知らず!馬と遊べるアクティビティからグルメまで楽しめるので、ひそかに注目を集めています。

どんなことができるの?

園内のサイクリングやアーチェリー、レーザーシューティングなどが用意されています。乗馬体験やホーストレッキングなど、厩舎らしいアクティビティはぜひ体験してほしい!

手ぶらで行ける?

アクテビティは、ホーストレッキングや観光乗馬が中心。もちろん手ぶらで行くことができます。レストランも併設されているので、食事の心配もいりませんよ。

オススメポイント

ノーザンホースのなかでもイチオシなのが、本格的な料理が楽しめるガーデンレストランです。

北海道産の新鮮な食材を丁寧に調理した料理を、自然を眺めながら味わえるバーベキューレストランでは、食べ放題や大人数での賑やかな食事を楽しめます。

住所 北海道苫小牧市美沢114-7
TEL  0144-58-2116
駐車場 無料(約500台)

公式サイト:ノーザンホースパーク‐馬と触れ合える北海道のテーマパーク

 

北海道レジャースポット:厚田ビーチセンター

北海道 レジャー アウトドア

北海道の短い夏を楽しむとなると、どこも混んでいるイメージがありますよね。混まない場所でゆったり楽しみたい人におすすめなのが、厚田ビーチセンターです。

どんな場所?

石狩市の厚田川河口付近にあり、札幌都心から厚田ビーチセンターに向かう途中には、あそびーち石狩やジェットビーチ石狩など、人気の海水浴場が点在します。

近くには厚田海浜プールもあるので、海水浴客が分散し、混雑しにくい特徴があります。

どんなことができるの?

北海道では浜辺キャンプはメジャーなのですが、厚田ビーチセンターはなんと、海水浴場で水着のままキャンプが楽しめるんです!宿泊施設も完備されています。

手ぶらで行ける?

基本的には、テントなどは持ち込みする必要があります。でも、大型テントでなく、運動会などでも使用できるようなデイキャンプテントでも十分です。

オススメポイント

厚田ビーチセンターからほど近い厚田漁港は、道央でもとくにカレイの魚影が濃いポイントとしても知られています。

ファミリーフィッシングにもおすすめなサビキ釣りは通年で楽しめるので、BBQ好きのみならず釣り好きにもおすすめです。

住所 北海道石狩市厚田区別狩10
TEL 0133-78-2950
駐車場 有料(約250台)

公式サイト:海水浴場-北海道石狩市公式ホームページ

 

北海道レジャースポット:厚真町大沼野営場

北海道 レジャー アウトドア

本格的なキャンプを楽しみたい人には、静かさが魅力で、とくにソロキャンパーのファンが多い厚真町大沼野営場がおすすめです。

本当に隠しておきたい穴場でもありますが、北海道胆振東部地震でもっとも被害を受けた町でもあるので、復興応援もかねて紹介しようと思います。

どんな場所?

囲4kmほどの大沼のほとりにあり、別名「大沼フィッシングパーク」とも呼ばれています。キャンプポイントから水場まですぐなので、気軽に釣りが楽しめます。

どんなことができるの?

主に鯉やフナなどが釣れます。また、小高い山の中にあるので子どもと行くなら、昆虫採集も楽しめます!

手ぶらで行ける?

キャンプに必要なものはすべて持参するのが基本です。ただし、車を横付けできるオートサイトなので、荷物を長い距離運ぶ手間はありません!

オススメポイント

厚真町が日本に誇れる名物が、あづまジンギスカン。ほどよい甘さと、肉のうまみを感じる厚みが特徴です。

キャンプ場に売店はないので、販売元の市原精肉店に立ち寄ってからキャンプ場へ。炭火で楽しむなら、脂身の多いレギュラーがおすすめですよ!

住所 北海道勇払郡厚真町字鯉沼
TEL 0145-27-2486
駐車場 無料(オートキャンプ別途)

公式サイト:厚真観光協会オフィシャルサイト│大沼野営場

 

北海道レジャースポット:丸瀬布森林公園いこいの森

北海道 レジャー アウトドア

筆者お気に入りのスポットです。SL、昆虫、大自然と子どもも大人も楽しめる設備が満載で、個人的には、ここがなぜ無名なのかわからないほど魅力的なアウトドアスポットです。

どんな場所?

丸瀬布町の武利川周辺にある森を抜けると、突然現れる秘境のような公園。北海道出身でも空気のおいしさに感動するるほど、とても恵まれた環境です。

どんなことができるの?

SLや列車の展示があり、蒸気を上げながら走るSLを横目にキャンプを楽しめます。

園内にある丸瀬布昆虫生態館には、小さな施設なのに所せましと昆虫や生き物が展示されていて、昆虫好きの子どもは大満足間違いなしです。

手ぶらで行ける?

キャンプ場を利用する場合はキャンプ用品が必要ですが、遊具や川遊び、昆虫生態館に行くのであれば手ぶらでも大丈夫。

オススメポイント

キャンプ場の目の前を流れる武利川は、かなり水がきれいで渓流釣りにも絶好の川です。また、温泉施設が隣接しているので、遊び帰りにお風呂へ入ってさっぱりしてから帰ることができます。

住所 紋別郡遠軽町丸瀬布上武利80
TEL 0158-47-2213
駐車場 無料(約200台・オートキャンプ別途)

公式サイト:えんがる町観光協会 森林公園いこいの森

 

北海道レジャースポット:浜頓別町ウソタンナイ砂金採掘公園

北海道 レジャー アウトドア

本格的な砂金堀り体験ができる公園に、キャンプ場が併設されています。

どんな場所?

札幌からは距離がありますが、道北エリアが得意な筆者イチオシの浜頓別町宇曽丹にあります。レジャーとキャンプが楽しめます。

どんなことができるの?

キャンプ場に沿うように流れる宇曽丹川は、その昔ゴールドラッシュでにぎわった川で、今でも砂金堀体験ができます。

筆者も何度も挑戦していますが、川での砂金堀はむずかしく、いまだ一攫千金は夢の中です。

手ぶらで行ける?

砂金堀り体験は道具の貸し出しがありますが、キャンプ道具の貸し出しはほとんどありません。一式準備する必要があります。

オススメポイント

キャンプ場の人の話によると、たい肥で育ったカブトムシが飛んでくることもあるとのこと!周囲は農地が広がっていますが、野生動物もとても多い場所で、筆者はここでエゾタヌキを見ました。

運が良ければ、カブトムシとエゾタヌキ、両方に出会えるかもしれません。

住所 枝幸郡浜頓別町字宇曽丹
TEL 01634-2-2346
駐車場 無料

公式サイト:ウソタンナイ砂金採掘公園│浜頓別町役場

まとめ

アウトドアレジャーはブームで、初心者は入りにくい雰囲気もありますよね。でも、外遊びスポットは無限にあります!ぜひ情報を参考に、自分の行きやすい場所を選んで出かけてみてくださいね。






アスレチックカテゴリの最新記事