半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

グラベルロードVSロードバイク!シーン別に自転車の選び方を解説

グラベルロードVSロードバイク!シーン別に自転車の選び方を解説
   
ロードバイクがブームになり活用シーンが広がった結果、グラベルロードという新たなロードバイクが登場しましたね。どちらも似ていますが性能は別物で、選び方にも違いがあります。今回はグラベルロードとロードバイク、どちらがいいのか選び方を解説します。
   

ロングライドには『ロードバイク』がおすすめ

ロードバイク グラベルロード

 

おもに舗装路を100㎞以上走るロングライドでは、やはりロードバイクに軍配が上がります。

もちろんグラベルロードでもロングライドは楽しめますが、細かい部分でロードバイクが有利になるでしょう。

 

ロングライドに最適化されているのはロードバイク

ロードバイクは、もともと舗装路を数百キロ走るロードレースのために開発された自転車です。

ロングライドもそのロードバイクの性能を生かしたものなので、ロードバイクはそのままでも十分ロングライドを楽しむことができます。

ロードバイク用のタイヤなどのパーツも、軽量化や転がり抵抗などを抑えて長距離走ることを重視して設計されていますよね。

こういった理由から、ロングライドを前提に自転車を選ぶならロードバイクがおすすめです。

 

グラベルロードはタイヤが弊害に

グラベルロードも、基本的な設計はロードバイクと同じなのでロングライドを楽しむことは可能です。

ただし、オフロードを走ることを想定してフレームが頑丈になっている分重く、足かせになってしまうでしょう。

また、タイヤもオフロード対応のブロックパターンのタイヤを装備していることもあり、舗装路だけを走るなら転がり抵抗とタイヤの消耗が気になりますよね。

グラベルロードをロングライドに使いたいという方は、タイヤだけでもオンロード用に交換しておくと快適になるのでおすすめです。

 

 

ポタリングには『グラベルロード』がおすすめ

ロードバイク グラベルロード

 

気軽なサイクリングであるポタリングは、さまざまな自転車で楽しむことができます。

もちろんロードバイクでも楽しめますが、どちらを選ぶかといわれればグラベルロードがおすすめです。

 

グラベルロードならルートの選択肢が広がる

グラベルロードのメリットは、未舗装の道をものともしない走破性にあります。

ロードバイクは基本的に舗装路のみを想定しているため、未舗装路の走行は困難です。

ポタリングは自由度も魅力の一つなので、オフロードもコースに入れて行動範囲を広げられるのは大きな魅力ですよね。

 

舗装路のみならロードバイクもおすすめ

グラベルロードに乗っても、オフロードライドには技術が必要ですし、落車のリスクは舗装路よりも上がります。

舗装路のみのサイクリングに限定して考えるなら、やはり舗装路用に開発されたロードバイクにはかないません。

ポタリングのみでなく、ロングライドなども考えている場合には、ロードバイクを買って舗装路のみのポタリングを楽しむほうがメリットが多いといえますね。

 

ポタリング専用ならクロスバイクもおすすめ

ポタリングのみに使う自転車を考えると、グラベルロードやロードバイクよりもおすすめの自転車がクロスバイクです。

クロスバイクは街乗りに最適化された自転車で、グラベルロードやロードバイクよりも乗りやすく、街乗りで多く発生する一時停車もしやすいです。

通勤通学などの実用使いと、たまにポタリングなども楽しみたいなら、クロスバイクもぜひ選択肢に入れてみてくださいね。

 

 

ブルべではシーンに合わせてロードバイクもグラベルロードもおすすめ

ロードバイク グラベルロード

 

長距離を、場合によっては数日に分けて走るブルべでは、どちらの自転車にもメリットがあります。

それぞれが生きるシチュエーションから、どちらを買うか選ぶといいでしょう。

 

耐久性重視ならグラベルロード

長距離を走るブルべでは、ある程度マシントラブルは起こることを前提に準備して走ります。

グラベルロードでは、パンクなどへの耐性はロードバイクよりも高いので、トラブルのリスクを下げることもできますね。

山道を走ることも多いブルべでは、タイヤの耐久性が高いのは重視したいメリットです。

また、グラベルロードは荷物の積載量も多いので、装備の多くなるブルべでは大きなメリットになります。

 

スピード・距離重視ならロードバイク

ブルべはレースではありませんが、チェックポイントを獲得してゴールを目指すにはスピードがあるに超したことはありません。

また、数百キロを走破することを考えれば、距離を乗れる軽快さも重要になりますよね。

そういったポイントを考えれば、やはりスピードを重視して作られたロードバイクにもメリットがあります。

 

 

キャンプツーリングには『グラベルロード』がおすすめ

ロードバイク グラベルロード

 

近年人気のキャンプツーリングにも、グラベルロードがおすすめです。

むしろグラベルロードはそのために作られたといっても過言ではありません。

キャンプツーリングデビューを考えている方はぜひグラベルロードを検討してみましょう。

 

山道の路面にはグラベルロードが安心

キャンプに行くとなると、田舎道や山道は外せないでしょう。

グラベルロードのオフロード用タイヤは、そういった路面への順応性も高いです。

山道でのトラブルは死活問題になるので、グラベルロードの走破性と耐久性は大きなメリットです。

 

積載量重視のグラベルロードも

グラベルロードはオフロードを走ることを前提に、フレームが頑丈に設計されています。

それによって荷物の積載量が多いモデルも多く、もともとリアキャリアが取り付けてあるものもあります。

そういったモデルであれば、そのままキャンプツーリング用の自転車として使えるのでおすすめです。

 

キャンプツーリングにはマウンテンバイクもチェック!

グラベルロードもキャンプツーリングにベストマッチする自転車ですが、同じオフロード系自転車のマウンテンバイクもおすすめです。

マウンテンバイクにはサスペンションが装備されていて、タイヤも太いのでより過酷な道にも対応します。

乗り続けることを考えるとグラベルロードにメリットがありますが、マウンテンバイクは価格も安いものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ロードバイクNEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

ロードバイク、グラベルロードどちらもメンテナンスは必須なので、SWIXのバイクケアラインでキレイな愛車と旅に出ましょう!

 

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。

低温でも問題なくご利用いただけます。

オフロードを走るグラベルロードは汚れやすいので、バイクウォッシュできれいにしてあげてくださいね。

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。

自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

長距離ライドで汚れたチェーンも、ディグリーザーで洗浄しましょう! 

 

 







ロードバイクカテゴリの最新記事