ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

スキー・スノーボード用プロテクターでケガなく安全にすべりたい!タイプ別のおすすめをご紹介

スキー・スノーボード用プロテクターでケガなく安全にすべりたい!タイプ別のおすすめをご紹介
ケガをした時のリスクが高いスキー・スノーボードですが、正しくプロテクターを使用するだけで、かなりの確率でケガを防ぐことができます。初心者・上級者に限らず、いま一度、身を守るためのプロテクターについて知識を身につけておきましょう。

スキー・スノーボード用プロテクターの必要性

スキー・スノーボード プロテクター

スポーツでのケガを防止するためのプロテクターは、初心者のためだけのものではありません。慣れてきたころに無理をしてケガをするケースは非常に多いといわれています。

スキー・スノーボードはスピードが出るうえ、足が固定されているので、転び方によっては大ケガにつながる、危険と隣り合わせのスポーツです。天候や雪の質、人の混み具合によって思いがけないハプニングが起きてしまうことも。

自分は大丈夫と過信せずに、「もしも」のときのために前もって対策をしておくのが賢明ですね。

プロテクターの種類とは?

スキー・スノーボード用のプロテクターは、上半身、下半身のみのもの、肘、膝、手首などの部分的なものまで、種類が豊富です。何度か転んだ経験がある、実際ケガをしたことがある、という方の中には自分の転び方のくせを知っていることも。

いつも手からついてしまう、という方は手首用のプロテクターを着用するなど、まずは気軽に試せるものからプロテクターデビューするのもいいと思います。

着るタイプの脊椎パッドやヒッププロテクターなどは、店頭で必ず試着してから購入しましょう。メーカーや形によって、それぞれ着心地も変わってきます。実際着用したときの動きやすさを自分で確認しておくといいですね。

 

スキー・スノーボードそれぞれのケガの特徴

スキー・スノーボード プロテクター

スキーとスノーボードでは、ケガの部位も大きな違いがあります。それぞれ、どこを守るべきか知っておきましょう。

スキーの場合

スキーの転倒で起こるケガの部位は、膝がダントツで多く、その次に頭、肩というデータが出ています。ケガとまでいかずとも、膝を捻ってしまって痛い思いをした経験者も多いのではないでしょうか。

スキーでも時々起こる「逆エッジ」や、足をとられることによる転倒で、頭部や肩を強打してしまって負傷することもあります。膝や肩のプロテクターは動きに干渉するためあまり使われませんが、頭部はヘルメット着用が定着しつつありますね。

また、ときには転倒した際に外れたスキー板が凶器になることも。ストックを握っていることによる手指の怪我もあります。バーンが固めのハイシーズンには打撲系のケガが、雪が緩んでくる春先には捻り系のケガが増えるともいわれています。

スノーボードの場合

ストックで衝撃をやわらげることができるスキーと違い、スノーボードで転倒した場合、手を先についてしまうことがほとんどで、最も多いのが手首のケガです。

あとは、肩、腰、足首、頭と、全身にわたってケガをする可能性が高いのもスノーボードの特徴です。ほかには、両方通じてよく起こるのは上記の「肩」に含まれる鎖骨の骨折、胸のあたりの衝撃からなる肋骨の骨折です。

とくに肋骨の骨折は、多少の圧迫で折れる場合もあることと、折れても少し痛みがある程度で、数日間骨折に気づかないケースも多いのです。すぐに病院を受診しなかったために、完治まで長い期間がかかることも。

もし少しでも違和感を感じた場合は、すぐに病院へ行くことをおすすめします。骨折した部位によっては手術、入院など、学校や仕事を休む羽目になり、思わぬ代償を受けることになるので、十分に注意が必要です。

パークに入るならプロテクターは必ず着用しよう

スキー・スノーボードどちらでも楽しめるパーク。ちょっと遊んでみよう、と思ったら、大きなキッカーに入らなくても、プロテクターは必ずつけましょう。

ポコジャンや塩ビなど、初心者向けのアイテムでも、まくられて頭や背中、肩などをケガするケースが絶えません。ヘルメット、脊椎パッド、ケツパッドは必須アイテムです。

ボックスやレールでお尻を打ち、痛い思いをした経験のないジバーはいないのかもしれません。ジブアイテムに挑戦する人にはハードタイプのヒッププロテクターの着用をおすすめします。

ページ: 1 2
   
   

スノーボードカテゴリの最新記事