ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

スキー・スノーボード用プロテクターでケガなく安全にすべりたい!タイプ別のおすすめをご紹介

スキー・スノーボード用プロテクターでケガなく安全にすべりたい!タイプ別のおすすめをご紹介
   
ケガをした時のリスクが高いスキー・スノーボードですが、正しくプロテクターを使用するだけで、かなりの確率でケガを防ぐことができます。初心者・上級者に限らず、いま一度、身を守るためのプロテクターについて知識を身につけておきましょう。
   

スキー・スノーボード用プロテクターの必要性

スキー・スノーボード用プロテクター

 

スポーツでのケガを防止するためのプロテクターは、初心者のためだけのものではありません。

慣れてきたころに無理をしてケガをするケースは非常に多いといわれています。

スキー・スノーボードは足が固定されているので、転び方によっては大ケガにつながる、危険と隣り合わせのスポーツです。

天候や雪の質、人の混み具合によって思いがけないハプニングが起きてしまうことも。

自分は大丈夫と過信せずに、「もしも」のときのために前もって対策をしておくのが賢明ですね。

 

プロテクターの種類とは?

スキー・スノーボード用のプロテクターは、上半身、下半身のみのもの、肘、膝、手首などの部分的なものまで、種類が豊富です。

何度か転んだ経験がある、実際ケガをしたことがある、という方の中には自分の転び方のくせを知っていることも。

いつも手からついてしまう、という方は手首用のプロテクターを着用するなど、まずは気軽に試せるものからプロテクターデビューするのもいいと思います。

上半身用など、しっかり着るタイプのものなどは、店頭で必ず試着してから購入しましょう。

メーカーや形によって、それぞれ着心地も変わってきます。

実際着用したときの動きやすさを自分で確認しておくといいですね。

 

 

スキー・スノーボードそれぞれのケガの特徴

スキー・スノーボード用プロテクター

 

スキーとスノーボードでは、ケガの部位も大きな違いがあります。

それぞれ、どこを守るべきか知っておきましょう。

 

スキーの場合

スキーの転倒で起こるケガの部位は、膝がダントツで多く、その次に頭、肩というデータが出ています。

ときにはスキー板やストックが凶器になる場合もあり、大ケガも予測されます。

 

スノーボードの場合

ストックで衝撃をやわらげることができるスキーと違い、スノーボードで転倒した場合、手を先についてしまうことがほとんどで、最も多いのが手首のケガです。

あとは、肩、腰、足首、頭と、全身にわたってケガをする可能性が高いのもスノーボードの特徴です。

ほかには、両方通じてよく起こるのは上記の「肩」に含まれる鎖骨の骨折、胸のあたりの衝撃からなる肋骨の骨折です。

とくに肋骨の骨折は、多少の圧迫で折れる場合もあることと、折れても少し痛みがある程度で、数日間骨折に気づかないケースも多いのです。

すぐに病院を受診しなかったために、完治まで長い期間がかかることも。

もし少しでも違和感を感じた場合は、すぐに病院へ行くことをおすすめします。

骨折した部位によっては手術、入院など、学校や仕事を休む羽目になり、思わぬ代償を受けることになるので、十分に注意が必要です。

 

 

タイプ別におすすめのプロテクターをご紹介

スキー・スノーボード用プロテクター

 

下半身用

PONTAPES(ポンタペス)/ヒップパッド

お尻周りと膝を衝撃から守ってくれる、下半身用のプロテクター。

ぴったりフィットする素材で、パッドがずれることもなく快適な使用感です。

 

PONTAPES ポンタペス ヒップパッド
 

鎧武者(よろいむしゃ)/ヒッププロテクター ロングタイプ YM-1742

プロテクター専門ブランド。

衝撃を受けたときにだけ硬化するパッドで、身体への負担を少なくしてくれます。

 

鎧武者 よろいむしゃ ヒッププロテクター ロングタイプ YM-1742

 

上半身用

Benken(ベンケン)/ボディプロテクター

胸と肩、背中を守るプロテクターです。

軽量で柔軟性が高く、着心地にもこだわっています。

スキーやスノーボードだけでなく、バイクや乗馬など、さまざまなスポーツにも適応しています。

 

Benken ベンケン ボディプロテクター
 

鎧武者/ボディプロテクター YM-1745

こちらは鎖骨部分、肘までカバーできるタイプです。

ハイストレッチのナイロン素材を使用し、身体へのフィット感が抜群です。

 

鎧武者 ボディプロテクター YM-1745







スノーボードカテゴリの最新記事