ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

クロスカントリースキーの服装は?必要なウェアや小物について解説!

クロスカントリースキーの服装は?必要なウェアや小物について解説!
   
クロスカントリースキーは、歩くスキーともいわれ、子どもから大人まで誰でも感覚をつかみやすく、無理なく楽しめるスポーツです。ここでは、クロスカントリーに最適な服装や小物と選びかたなどについても、説明します。
   

クロスカントリースキーのウェア(服装)の基本は重ね着をしてアウターで寒さを防ぐ

クロスカントリースキー ウェア(服装)や小物

 

クロスカントリースキーは、クロカンともいわれますが、スキーと同じようにスノースポーツなので、普通のスキーのウェアでOKかな?思う人も多いと思います。

しかし、クロスカントリースキーは、滑降を楽しむアルペンスキーと違い、歩くことが多いため、普段使っているようなスキーウェアを選んでしまうと快適に滑ることができません。

クロスカントリースキーのレースに出る場合は、ぴったりとしたレース専用のウェアが必要になりますが、普段楽しむためのウエアはもっと手軽に揃えたいですよね。

ここではクロスカントリースキーを楽しみたい人に必要な服装や小物について説明します。

 

基本はレイヤリング

レイヤリングというのは、登山でもよくつかわれる言葉ですが、重ね着のことです。

レイヤリングは、脱いだり着たりが簡単なため、登山やクロスカントリースキーなど、よく汗をかくスポーツに最適です。

レイヤリングの基本は、

  • 冷たい外気や雨、雪を遮断して体温の低下を防ぐアウター
  • ベースの汗などを蒸散し、冷たい外気を遮断してあたたかさを溜めるミッドレイヤー
  • 下着と同じで汗を吸収し、速乾性が高い素材で体が冷えるのを防ぐベースレイヤー

この3層になっていて、それぞれに役割があります。

 

レイヤリングには素材選びが大切

レイヤリングはそれぞれ役割が異なっているので、適した素材も違います。

ベースレイヤーは、汗をすばやく吸収して、発散させる役割がありますので、素材にはウールなどの天然素材やポリエステルなどの化学繊維、そして種類の違う化学繊維を混ぜて紡績した混紡素材が適しています。

 

 

ミッドレイヤーの役割は、あたたかい空気の層をつくることなので、フリースやダウンなどの素材、またはダウンと化繊を混ぜた中綿素材を選んでください。

 

 

クロスカントリースキーウェア(服装)のアウターには防水や防風性の高いものがおすすめ

クロスカントリースキー ウェア(服装)や小物

 

アウター選びに防水は欠かせない条件

アウターに大切なことは、雨や雪などが、浸透しない防水加工で、そして防風性が高いことです。

レイヤリングは、3つの層をつくることで、動きやすいくてあたたかい、そして汗による冷えを防ぐ構造になっています。

もし防水や防風性がないと、このレイヤリングの意味がなくなってしまいますから、選ぶときはこの点に注意しましょう。

 

厚手で重たいものより動きやすい素材がおすすめ

クロスカントリーは、暑くなったり、汗をかいたりするスポーツです。

途中、アウターやインナーを脱ぎ着して体温調節をします。

厚手のアウターだと、脱いだときリュックなどに入れることもできませんし、手に持っていては、うまくスキーポールを扱うことができません。

そして暑すぎて汗をかいたときに、うまく発散することができないと、体の冷えにつながってしまいます。

そういったことを考えると、アウターを選ぶときには、高機能で防水・防風性があり、それでいてストレッチが効いている、薄手の動きやすい素材がおすすめです。

 

ARC'TERYX(アークテリクス) Atom LT Hoody Men's アトム LT フーディ メンズ 24477







クロスカントリーカテゴリの最新記事