半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

日本も強豪国?クロスカントリースキーの歴史と世界で戦えるアスリート育成環境

日本も強豪国?クロスカントリースキーの歴史と世界で戦えるアスリート育成環境
   
世界的にみても雪に恵まれている国、日本。冬になると海外からも日本の雪を目当てにスキーヤーやボーダーがやってきます。ウィンタースポーツの世界でも様々な競技で世界を舞台に戦う選手が活躍中ですよね。では、クロスカントリースキーではどうなのでしょう?
   

日本でのクロスカントリースキー普及はいつ頃から?

lerch

 

紀元前から雪上の移動手段として用いられていたスキーですが、競技スポーツとなったのは1700年代終わり頃から1800年代初頭のこと。

ノルウェーで最初の大会が開催されました。

日本では、1911年にオーストリアの軍人、新潟のゆるキャラとしてもお馴染みの「レルヒ少佐」が新潟の高田においてスキー教室を開いたのがきっかけとされています。

レルヒ少佐が伝えたのは山岳スキー術で、斜面を滑降するアルペンスキーに近いものでした。

当時はアルペンスキーとクロスカントリースキーには現在ほどの違いはなく、二つを合わせたようなスキーも行われていたそうです。

その後、高田にてスキークラブが設立されたり、初めての滑降競技が行われたりして、高田が日本の「スキー発祥の地」としての地位を確立します。

実はレルヒ少佐よりも数年前に、すでにスキーは日本に伝来していて、日本の軍人が海外から持ち込んだもの、ノルウェーの王様から贈られたもの・・・国内でもそれらを参考に、自分たちの使い良いように改良した、国産スキーが作られたりしていたようです。

しかし、滑走技術をメソッドとして日本に伝えたレルヒ少佐の功績は、日本のスキーの父、と呼ぶにふさわしいものだったのかもしれません。

 

 

 

 

いつ?どうやって?競技性の高まり

クロスカントリー
出典 swix

 

クロスカントリースキーは記念すべき第1回冬季オリンピック、1924年フランス・シャモニー大会からすでに競技として採用され、男子の18km、50kmクラシカルが実施されました。(残念ながら日本はこの大会には参加していません。)

日本の豪雪地域の小学校では、冬は雪で運動場が使えなくなるため、体育の授業の一環としてクロスカントリースキーが行われるようになりました。

学校で板を用意してあるため、生徒はブーツを持参すれば滑れるという恵まれた学校もあるそうです。

校内でスキー大会が開かれ、先生よりも上手な生徒もいるとか!

こういった地域で育った子供たちは、生活の中にクロスカントリースキーがとけ込んでいて、特に大好きだったり得意だったりする子にとっては、そのまま競技へと繋がりやすいのかもしれませんね。

ちなみに、まだクロスカントリースキーでのオリンピックメダリストは日本から誕生していないので、日本初のメダリストになれるチャンスは残っています。

 

 

 







クロスカントリーカテゴリの最新記事