半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

野生のジュゴンに逢える夢のリゾート!フィリピンの秘境ブスアンガ島

野生のジュゴンに逢える夢のリゾート!フィリピンの秘境ブスアンガ島
   
フィリピンのブスアンガ島はジュゴンと泳げるプログラムを開催している話題のエリアです。ブスアンガへのアクセスやダイビング、ジュゴンプログラムについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
   

ジュゴンと泳げるフィリピンのブスアンガ島

フィリピン ブスアンガ島

 

ジュゴンは人魚のモデルになったとされる哺乳類で、ずんぐりとした胴体に可愛らしい目が人気の大型草食獣です。

そんなジュゴンが生息し、しかも一緒に泳ぐチャンスもあるというブスアンガ島はフィリピンの北西部に広がるカラミアン諸島にあります。

とはいえ、まだまだ日本人にとっては馴染みの薄いエリアです。

そこで、まずはブスアンガへのアクセスやジュゴンプログラムについてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

フィリピンのブスアンガ島への行き方

フィリピン ブスアンガ島

 

ブスアンガ島は、カラミアン諸島の中で最も大きく、島の北側がブスアンガ、南側はコロンと地区が分かれており、ジュゴンと泳げるエリアがあるのがブスアンガ地区になります。

日本からの直行便はないので、マニラまたはセブを経由することになります。

まず、日本からマニラへは成田、羽田、名古屋、関空から毎日直行便が運航しており、マニラから国内線に乗り継ぎ、約1時間20分でブスアンガ空港に到着します。

そして、セブへの直行便は成田、大阪、名古屋から毎日直行便が運航しており、セブからブスアンガ島への国内線に乗り継ぎ、約1時間30分でブスアンガ空港に到着します。

マニラまたはセブまで行けば国内線は毎日複数便が出ており、ブスアンガは遠いようで結構アクセスは良好といえるでしょう。

 

目指すは「エル・リオ・イ・マール」

フィリピン ブスアンガ島

 

ブスアンガに到着したら、島の北側にあるリゾート「エル・リオ・イ・マール」を目指すことになります。

このリゾート内にある「ジュゴン・ダイブセンター」が、ブスアンガでのジュゴンプログラムとダイビングの拠点となります。

リゾート「エル・リオ・イ・マール」までは、空港から送迎車と船を乗り継ぎ1時間ほどで到着しますが、ここは世界の旅行サイトでも評価の高いリゾート。

ベランダ付きのゆったりとした客室には、エアコン、シャワー、ミニバーが完備され、2つのインフィニティプールにジムやプレイルームも整っています。

また、目の前の海は穏やかな湾になっており、カヤックやバナナボート、ウェイクボードなども楽しめます。

 

 

 







ダイビングカテゴリの最新記事