ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ダイビングインストラクターの年収を大公開!ショップ経営は儲からないのか?

ダイビングインストラクターの年収を大公開!ショップ経営は儲からないのか?
将来はダイビングインストラクターの資格を取って、自分のお店を持ちたいと考えている人も多いと思います。とはいえ、ビジネスとして取り組むのであれば気になるのは年収のこと。今回はダイビングインストラクターの年収やショップ経営についてご紹介します。

ダイビングインストラクターの年収は?

ダイビング 年収ダイビングインストラクターの収入は、働き方によって大きな差があります。

求人情報サイトでダイビングインストラクターの求人情報を調べてみると、離島の住み込みで13~22万円、都心のダイビングショップで25~40万円といった求人が見つかります。

しかし、お店によっては最繁期だけの募集であったり、歩合制やノルマを課しているケースがあったりするため、給料は決して高くはないでしょう。

また、インストラクターとしてのランクや実力にも影響されます。

インストラクターにも「オープンウォーターインストラクター」から「コースディレクター」といったランクがあり、開催できるコースが異なります。

オープンウォーターインストラクターは、レジャーダイバー向けライセンスの発行しかできませんが、コースディレクターになれば、インストラクターを育成できるインストラクターなので、当然、収入も違ってきます。

もっといえば、経験本数100本程度の駆け出しインストラクターと、何千本もの経験がありファンがついているインストラクターでは集客力にも大きな差があります。

そこで、離島や海外のリゾート・都市型ダイビングショップ・非常勤といった働き方の違いで、およそどれくらいの収入が期待できるのかを考えてみましょう。

離島や海外のリゾートで働く

沖縄や伊豆諸島といった日本の離島の場合、給料は10~15万前後というのが相場です。ただし、寮や食事が完備されていることが多いため、決して安いというわけではありません。

海外のダイビングリゾートのほうが給料は圧倒的に高く、なかでもダイブクルーズ船のインストラクターなどは衣食住完備で40~50万円前後が相場のようです。

都市型のダイビングショップで働く

街中にある都市型ダイビングショップで即戦力として活躍できるインストラクターなら15~20万前後が相場です。器材販売でマージンが入るショップなら、努力次第でもっと稼ぐことも可能です。

また、コースディレクターなどの高い資格を有している人なら、IDC(インストラクター開発コース)といった高額なコースを開催できるため、もっと優遇されます。

ただし、これからインストラクターになりたいといった人は、基本給10万円+歩合制というケースもざらにあるため、かなり貧富の差が激しくなります。

非常勤インストラクターとして働く

インストラクター資格があり、なおかつ十分な経験と実力がある人なら、非常勤インストラクターとして働く方法があります。

最繁期だけ離島やリゾートで働いたり、週末だけ都市型ショップのツアーに同行したりと、自分の都合で働き方を選べます。

給料はマチマチですが、基本的には日給制で1日1~2万円前後の人工代になります。

ダイビングインストラクターを目指している人は、以下の記事もぜひ参考にしてください。

ダイビングを仕事にしたい!ダイビングインストラクターになるには?

 

ダイビングショップの経営をしたい!

ダイビング 年収「ダイビングインストラクターになって自分のショップを持ちたい」といった夢を持っている人も多いと思います。

ですが、インストラクターになることと、ショップを経営することは、まったく別物だと考えたほうが良いでしょう。

ショップを経営するにあたり、もっとも重要なことは集客です。これはダイビングショップに限ったことではありませんね。

たくさんの顧客、いわゆるファンがついているインストラクターなら可能かもしれませんが、資格さえあればショップ経営ができると考えるのは無理があります。

実際に海外のダイビングショップなどは、ダイビングをまったく知らない人がオーナーを務めているケースがほとんどです。

実は、ダイビングインストラクターよりも、旅行会社や観光業界とのパイプのある人のほうがショップ経営に向いているのです。

ページ: 1 2
   
   

ダイビングカテゴリの最新記事