『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

ダイビング用コンパスの正しい使い方!おすすめの水中コンパスをご紹介

ダイビング用コンパスの正しい使い方!おすすめの水中コンパスをご紹介
   
ダイビング中に迷子にならないために、正しいコンパスの使い方を身につけておく必要があるでしょう。もしバディやグループとはぐれてしまった時、もっとも頼りになるのがコンパスです。ダイビング用コンパスの使い方とおすすめの水中コンパスをご紹介します。
   

ダイビング用の水中コンパスは必要なのか?

ダイビング 水中コンパス

 

ダイビングの時に、必ず装備しなければいけない計器のひとつが水中コンパスです。

ところが、ダイビング中は、ガイドやインストラクターが水中を案内してくれるため「コンパスはほとんど見ないから必要ない」というダイバーも少なくありません。

しかし、もし水中でガイドやインストラクターとはぐれてしまったら、自分ひとりでボートやエキジットポイントまで帰るしかありません。

そんな時に、水中コンパスを使ったナビゲーションスキルがあれば安心です。

コンパスをあまり見ないというダイバーでも、緊急事態に備えて必ず水中コンパスを携行し、最低限の使い方をマスターするようにしましょう。

 

 

水中コンパスの使い方を覚えよう!

ダイビング 水中コンパス

 

安全のために、最低限のコンパスナビゲーションのスキルは身につけておく必要があるでしょう。

それでは、ダイビング用コンパスの正しい使い方を見ていきましょう。

 

 

ダイビング用コンパスの特徴と名称

ダイビング 水中コンパス

 

ダイビング用コンパスには、従来のアナログ式と新しいデジタル式の2つがあります。

しかし、最新のダイブコンピューターに搭載されているデジタルコンパスは、あくまで方角を確認できる機能しかありません。

そのため、コンパスナビゲーションには古くからある機械式のアナログコンパスが使われることがほとんどです。

このアナログコンパスは、オイルが注入されているハウジングの中に磁針が浮く状態にセットされているシンプルな構造ですが、使いやすく極めて信頼性の高い計器です。

アナログの水中コンパスは、北を指す針と指針盤、センターラインあるいはラバーラインと呼ばれる進行方向を示す線、針の指す方向に合わせる回転ベゼルまたはインデックスマーク(指針用マーク)が備わっています。

アナログコンパスには、腕に巻くリストタイプとコンソールに組み込まれたタイプがありますが、多くのダイバーはコンソールタイプを使用しています。

また、アナログコンパスは、基本的に同じ機能をもっていますが、方角の設定がしやすいように方位窓をつけたり、ナイトダイビングで見やすいように蓄光の盤面にしたり、さらにはコンパクトにするといった、ダイバーが使いやすいようにさまざまな機能が付け加えられています。

 

 

ダイビングでの基本のコンパスナビゲーションを身につけよう!

ダイビング 水中コンパス

 

ダイビング時にもっとも基本となる往復のコンパスナビゲーションのやり方を身につけておきましょう。

  1. 1.コンパスを、体に中心線に対して真っ直ぐ垂直に合わせ、指針盤が水平になるように構えます。
  2. 2.コンパスを保持したまま、目標に体を真っ直ぐに向けます。
  3. 3.インデックスマークのゼロに指針が合うように回転ベゼルを回すと、目標地点にコンパスを合わせたことになります。
  4. 4.インデックスマークのゼロから指針がズレないように、進行方向に向かって真っ直ぐ進みます。
  5. 5.目標地点に到達したら、インデックスマークの180度に指針が合うように体の向きを変えて180度ターンします。
  6. 6.帰りは、インデックスマークの180度から指針がズレないように真っ直ぐに進めばスタート位置に帰ってくることができます。

往復のコンパスナビゲーションは基本中の基本になりますが、潜る前にエントリーポイントから目標方向に対してコンパスを合わせておけば、水中で方向を見失ったときもインデックスマークの180度に指針を合わせることで、スタート地点の付近まで帰ってくることができます。

また、ベゼルを回してインデックスマークに指針をセットすることによって、方位を度数で知ることもできますので、水中の地形を把握する際に役立ちます。

 

 

タイプ別おすすめのダイビング用コンパス

ダイビング 水中コンパス

 

ダイビングで使用できる水中コンパスは、目的や用途に合わせてさまざまなタイプがあります。

おすすめのダイビング用コンパスをご紹介します。

 

ダイビングで使用できる見やすさを重視したアナログ式リストコンパス

腕時計のように手首に装着するリストタイプの水中コンパスは、見やすさを重視するダイバーにおすすめです。

水中での宝探しや水中マップ作成など、コンパスナビゲーションを主体に行う時に便利です。

また、アナログ式のコンパスはどれも上から見て見やすいように設計されていますが、モデルによっては、横からもメモリが読めるようになっているタイプもあります。

 

ダイビングで使用できる時計ベルトに装着できる小型水中コンパス

ダイバーズウォッチなどの時計ベルトに装着できる小型の水中コンパスは、予備のコンパスとして方角を確認することができます。

ハイキングやキャンプなどのアウトドアアクセサリーとしてもおすすめです。
 
防水型リストコンパスNo.700 黒ボディ(白文字)

 







ダイビングカテゴリの最新記事