ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

スキンダイビングに挑戦!これだけは身につけておきたいスキルと練習方法

スキンダイビングに挑戦!これだけは身につけておきたいスキルと練習方法
   
スキンダイビングができるようになれば手軽に水中世界を楽しむことができます。さらに練習を重ねれば、イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムも夢ではありませんね。スキンダイビングに必要なスキルや練習方法をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。
   

スキンダイビングに挑戦!

スキンダイビング 方法

 

マスク、フィン、スノーケルで水中世界を楽しめるのが、シュノーケリングとスキンダイビングです。

いずれも、スキューバダイビングのようなライセンスは一切必要ないので、誰にでも手軽にできることが大きな魅力です。

まずはシュノーケリングからはじめて、慣れてきたらスキンダイビングにステップアップするのが良いでしょう。

とはいえ、水面を泳ぎながら水中をウォッチングするシュノーケリングと息をこらえて水中に潜るスキンダイビングでは、器材のブラッシュアップと追加スキルの練習は不可欠です。

シュノーケリングとスキンダイビングの違いを比較しながら、快適にスキンダイビングを行うためのポイントをご紹介します。

 

 

スキンダイビングに適した器材

スキンダイビング 方法

 

シュノーケリングとスキンダイビングの器材は基本的に同じものですが、スキンダイビングでは器材の見直しが必要です。

それぞれの器材の違いを見てみましょう。

 

マスク

スキンダイビング中は鼓膜に水圧がかかり、鼓膜内との圧のバランスを取るため「耳ぬき」が必要になるため、鼻が覆われたダイビングマスクを使用しなければいけません。

鼻が覆われていないスイミングゴーグルは、水圧の影響で目のまわりが痛くなるのでスキンダイビングでは使用できません。

また、マスクとシュノーケルが一体になったフルフェイス型のシュノーケリングマスクなども、耳ぬきとマスク内の圧のバランスがとれないため使用できません。

かならず、自分の顔にフィットしたダイビング用マスクを使用しましょう。

 

 

 

フィン

スキンダイビングでは頭から水中へ一気に潜っていくため、十分な推進力のあるフィンを使いましょう。

ショートブレードのシュノーケリング用フィンでも使えないことはありませんが、しっかり水を捉えることのできる大きめのブレードのフィンが良いでしょう。

上級者のなかには、フリーダイビングなどで使用されるロングフィンを使う人もいますが、初心者は柔らかいラバー製のフルフットフィンからはじめるのがおすすめです。

 

 

 







シュノーケリングカテゴリの最新記事