東京から日帰り可能!伊豆半島のおすすめ人気ダイビングスポット7選

Greenfield

東京から日帰り可能!伊豆半島のおすすめ人気ダイビングスポット7選

伊豆半島には半島を囲むように30か所以上のダイビングスポットがあります。東京からのアクセスも良く、休日を利用すれば日帰りダイビングを楽しむことができます。東京から日帰りで行ける伊豆半島の人気おすすめダイビングスポットをご紹介します。

日帰りで行ける伊豆半島のダイビングスポット

伊豆半島のおすすめ人気ダイビングスポット

 

伊豆半島は多くのダイバーが集まる人気のダイビングエリアで、南に突き出した半島を囲むように30か所以上のダイビングスポットがあります。

ビーチダイビングとボートダイビングのスポットがあり、海が穏やかなエリアでは体験ダイビングやライセンス講習も盛んに行われています。

伊豆半島は東伊豆、西伊豆、南伊豆の3つのエリアに分けられますが、東京から日帰りで行くなら東伊豆か西伊豆がおすすめです。

また、伊豆半島に行くには、車で行く方法と電車で行く方法がありますが、東伊豆の中心あたりに位置する富戸や伊豆海洋公園でも、東京から車で約2時間半、新幹線と伊豆急行を利用すれば約90分でアクセスが可能です。

西伊豆エリアでも車で約2時間半~3時間、電車なら沼津駅、三島駅、伊豆長岡駅あたりまで行けば、駅までピックアップに来てくれる現地のダイビングショップもたくさんあります。

 

 

東伊豆のダイビングポイント

伊豆半島のおすすめ人気ダイビングスポット

 

東伊豆エリアは、黒潮の影響で魚影が濃く、ソフトコーラルや多種多様な生物を見ることができます。

ただし、風やうねりの影響を受けやすく海が荒れることもあるため、海況をしっかりと確認してから出かけるようにしましょう。

 

熱海

 

伊豆半島の入り口付近に位置する熱海は、沈船が人気のダイビングスポットです。

水深20~30m近くに全長80mを超える石積船が沈んでおり、ちょっとしたアドベンチャー気分を味わうことができます。

また、冬は期間限定で全長40mを超える洞窟ダイビングを楽しむこともできます。

熱海のポイントは全てボートダイビングで、水深も深いため中級者以上のダイバーにおすすめです。

  • ポイント:ボートダイビング
  • ダイバーレベル:中級者~

 

初島

 

初島は熱海港からフェリーに乗船して約25分で行ける沖合に浮かぶ小さな離島です。

まわりが海に囲まれている初島は、潮通しが良いため魚影が濃く、カラフルなソフトコーラルも豊富です。

ビーチエントリーでありながら、サメやトビエイ、回遊魚などにも逢えるダイビングスポットです。

初島は「首都圏から一番近い離島」と呼ばれることもあり、日帰りでリゾート気分が味わえます。

  • ポイント:ビーチダイビング
  • ダイバーレベル:初心者~

 

富戸

 

富戸は東伊豆エリアで一番多くのダイバーが集まるダイビングスポットです。

ビーチポイントでは、エントリーしてすぐにイソギンチャク畑が広がり、クマノミなどの生物が多数生息しおり、初夏に見られるアオリイカの産卵シーンは見逃せません。

また、ビーチポイントにはエントリースロープや手すりが設置されているので、初心者でも安心して潜ることができます。

施設内には漁船を露天風呂にした温泉丸があり、ダイビングスーツを着たまま入ることができます。

  • ポイント:ビーチダイビング/ボートダイビング
  • ダイバーレベル:初心者~

 

伊豆海洋公園

 

伊豆半島最大の設備を誇るダイビングスポットが伊豆海洋公園です。

50mプール、ダイビングプール、器材洗い場、シャワー、更衣室、休憩エリア…など、快適にダイビングを行える設備が充実しています。

水中はダイナミックな地形が広がり、ダイバーのレベルに合わせてコースを選択できるため、マクロからワイドまで魚影が濃く存分にフィッシュウォッチングが楽しめます。

初心者から上級者まで快適にダイビングを行え、ダイバー向けのイベントも頻繁に開催されているので楽しさも広がります。

  • ポイント:ビーチダイビング
  • ダイバーレベル:初心者~

 

西伊豆のダイビングポイント

伊豆半島のおすすめ人気ダイビングスポット

 

西伊豆は比較的穏やかなスポットが多く、のんびりとした雰囲気でダイビングが楽しめるエリアです。

東伊豆の海が荒れて潜水禁止になった際に、回避先として利用されることもあります。

 

大瀬崎

 

大瀬崎はダイビングのメッカと呼ばれる伊豆半島を代表する人気スポットです。

北東に張り出した岬をはさんで、湾内・外海・先端の3つのエリアがあり、シチュエーションの異なるダイビングが楽しめます。

湾内は非常に穏やかで、体験ダイビングやライセンス取得コースが頻繁に行われています。

また、人気アニメやテレビドラマの舞台にも登場することの多いダイビングスポットです。

  • ポイント:ビーチダイビング
  • ダイバーレベル:初心者~

 

井田

 

大瀬崎から少しだけ南に下ったところに位置する井田は、緑に囲まれ富士山を一望できる自然豊かなダイビングスポットです。

井田ブルーと呼ばれるほど年間を通して透明度が高く、潮通しが良いため魚影が豊富です。

秋から見られることの多いタカベの大群は、まさに圧巻の景色で一見の価値があります。

  • ポイント:ビーチダイビング
  • ダイバーレベル:初心者~

 

安良里・黄金崎

 

安良里にある黄金崎公園ビーチは、広い芝生や四季折々の花壇に囲まれた公園内にあるダイビングスポットです。

体験ダイビングやスノーケリングも楽しめる穏やかなビーチポイントで、海底に広がる白い砂浜には人気のマクロ生物が多数生息しています。

ダイビングサービスには広々とした休憩室やシャワールーム、スーツにまま入れるお風呂などの施設が充実しています。

太平洋側でありながら、その地形から海(駿河湾)に沈む夕日を見ることができます。

  • ポイント:ビーチダイビング/ボートダイビング
  • ダイバーレベル:初心者~

 

 

まとめ

東京から日帰り可能な伊豆半島のダイビングスポットをご紹介してきましたが、伊豆半島には他にも魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。日帰りが難しいスポットでも、連休を利用して1泊すれば余裕で足を延ばすことが可能です。ぜひ、伊豆半島のダイビングスポットに潜りに出掛けてみてください。きっと新しい発見があるはずです。

公式アカウント

関連記事