アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

バーチャルウォーター(仮想水)から考える水問題。個人ができる2つのこと

バーチャルウォーター(仮想水)から考える水問題。個人ができる2つのこと
水資源に恵まれている日本。しかし、バーチャルウォーターについて知ると、実は世界の水問題が他人事でないことがわかります。当記事では、バーチャルウォーターの意味や日本の現状を説明し、どのような取り組みを行えばよいのかも紹介しますね。

バーチャルウォーターとは?

バーチャル ウォーター 解決 策

輸入した食料を自国で生産するには、どれくらいの水が必要か。その水の分量を数値であらわしたのが、バーチャルウォーターです。仮想水とも呼ばれ、ロンドン大学のトニー・アラン教授が最初に提唱しました。

たとえば、普段なにげなく食べているとうもろこし。1kgのとうもろこしを生産するためには、1,800Lの水が必要です。とうもろこしは1本あたり約350gなので、およそ3本のとうもろこしを輸入するのに、500mLのペットボトル3,600本分の水が運ばれていることになります。

また、牛はとうもろこしなどの穀物を飼料として大量に消費します。そのため、牛肉1kgあたりのバーチャルウォーターは、約20,600Lにものぼりますよ。

バーチャルウォーターの概念にもとづくと、食料を輸入すれば、自国で生産するための水を節約していることになります。一見、よいように思えますが、それだけ海外から水をもらっているということ。つまり、海外からの水に頼って生活しているのです。

地球の水資源には限りがあり、しかもさまざまな理由から水問題を抱えている国々があります。バーチャルウォーターは環境問題への提起として、世界から注目されていますよ。

出典:環境省
バーチャルウォーター
バーチャルウォーター量自動計算

日本のバーチャルウォーターの現状

バーチャル ウォーター 解決 策

日本のバーチャルウォーターの数値はとても高いのが現状。食料の多くを輸入に頼っているためです。もし輸入している食料をすべて国内で生産するとしたら、年間約640億トンの水が必要になります。この水量は、琵琶湖の貯水量の約2.5倍に相当しますよ。

食料の輸入によって生産に必要な水をつかわずにすんでいますが、いいかえると、ほかの国から膨大な量の水を奪っていることになります。日本に住んでいても、世界の水問題と無縁ではありません。

出典:東京大学生産技術研究所「世界の水危機、日本の水問題

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事