アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

アウトドアの虫対策は「着る」だけ!1つは持っておきたい防虫機能ウェアの種類と特徴

アウトドアの虫対策は「着る」だけ!1つは持っておきたい防虫機能ウェアの種類と特徴

着るだけで虫に刺されないってほんと?

防虫ウェア アウトドア
出典 Foxfire

虫除けスプレーは、時間が経つと効果が落ちてしまうので、何度も塗り直さなければいけませんよね。肌が弱くて虫除けを使用できない、匂いが苦手、という方もいるでしょう。

そんな方にオススメしたいのが、防虫機能付きのウェアです。防虫機能ウェアは、虫が嫌がる成分を含んだ素材で作られています。

メーカーによって、虫が止まっても逃げていくもの、そもそも虫を寄せ付けないものがあり、効果のある虫の種類も違ってきます。

基本的には、ハチやアブなど大きな虫には効果はありませんが、蚊やダニ対策としては、高い効果が実証されています。

しかもこの虫除け効果は、ウェアを洗濯しても持続するというから驚きです。もちろん、虫除けスプレーのような匂いは全くしません。

キャンプや登山などはもちろん、デング熱など、蚊媒介感染症の心配がある海外旅行にも持っていくと安心です。

ただし、防虫ウェアを着ているからといって、100%刺されないということではありませんのであしからず。

防虫機能素材のメーカーは、「スコーロン」「インセクトシールド」「バイタルプロテクション」の3つが代表的です。それぞれの特徴をご紹介します。

 

スコーロン

スコーロンは、虫除けでおなじみのアース製薬と、大手繊維企業テイジンが共同開発した、防虫効果のある特殊な加工を施した生地です。

生地表面に飛んできた蚊、付着したダニなどが、触覚と足先にある感覚器で防虫機能を感知し、逃げていきます。

つまり、「虫を寄せ付けない」のではなく、「寄ってはくるけれども逃げていく」ということ。

防虫ウェア アウトドア
出典 Foxfire

スコーロンは初期性能で90%以上、洗濯20回後でも80%以上の防虫効果を維持します。蚊、ダニに高い効果がありますが、人の肌に影響はほとんどありません。

また、スコーロンはUVカット効果も高く、アウトドアにピッタリの素材です。

そんなスコーロン素材をいち早く採用したのが、釣りや沢登り系のウェアに強いFoxfire(フォックスファイヤー)というメーカー。

フォックスファイヤーのスコーロンウェアは、蚊の多い水辺のアクティビティにはもちろん、キャンパーやハイカーに長年絶大な信頼を得ています。

防虫素材といえばスコーロンといえるほど、圧倒的なシェアを誇っていて、最近はコロンビアなどのメーカーでも採用されています。

フォックスファイヤー スコーロン G0 モクテン フーディ
フォックスファイヤー スコーロン G0 モクテン フーディ
ページ: 1 2
   
   

アウトドアファッションカテゴリの最新記事