アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

スノーボードのメンテナンスはツールがあれば自分でできる!

スノーボードのメンテナンスはツールがあれば自分でできる!
シーズン終了後にスノーボードをメンテナンスせず、そのまま保管していませんか?クリーニングやワックスなどメンテナンスを行うと、愛用ボードの寿命を長くできるかもしれません。メンテナンスツールを揃えて大切な板を自分でメンテナンスしてみませんか?

スノーボードのメンテナンス①作業環境を整える

スノーボード メンテナンス

スノーボードの板にワックスを掛けるときは、まずは作業環境を整えましょう。高さを合わせたり、板を安定させたりすることで作業しやすくなります。または、ワックスによる汚れやエッジでの傷を防ぐように床の保護もしてあると、作業後の後片付けも楽になります。

そこで、環境を調える道具を紹介します。

作業台

スノーボードのメンテナンスをするときには作業台があると便利です。お好みの高さに調節できるため作業がしやすくなります。ワックスがけをはじめ、ビンディングの調整などスノーボードに関わること全般を自分で行う際の必需品ともいえます。

板を安定しておけるストッパーやホルダーなど、作業性を高めてくれる作業台は今後のメンテナンスしやすさを大きく左右するツール。自分に合ったものを選んでみましょう。

[ワックススタンド] スノーボード スキー 兼用 作業台

シート

スノーボード板のメンテナンスをするときには、シートを敷いておくことで、ワックスのかすによる床の汚れや、板のエッジなどによる傷を防げます。

新聞紙やいらない布などを敷き詰めて代用することもできますが、さっと広げてすぐに作業できるシートがあると作業スタートへのハードルがぐっと下がります。

 GALLIUM チューニングシート

created by Rinker
ガリウム(GALLIUM)
¥1,650 (2022/05/18 20:18:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

スノーボードのメンテナンス②バインディングを外す

スノーボード メンテナンス

スノーボードのメンテナンスにおいて、バインディングを外すことは板を長く愛用するためにも大切な作業です。バインディングを板につけたままにしておくと、その分板に負担がかかり、板が歪んでしまうことがあります。

さらに、水分が拭き取りづらい部分でもあるので、ビスやネジがサビやすくなります。ワックスやクリーニングのしやすさの面からいっても、バインディングは外しておくのがおすすめです。

ドライバー

バインディングはネジでしっかり固定してあるため、メンテナンスする際は、ドライバーで外す必要があります。長期間スノーボードを使わないシーズンオフには外しておくことをお勧めしますが、外さないまでも少し緩めておくことでも板の歪みを防止できます。

さまざまな場面で使用することになるドライバーはぜひ用意しておきましょう。

[Veroman] ラチェットドライバー

 

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
ガリウム(GALLIUM)
¥1,650 (2022/05/18 20:18:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
確認中
¥1,265 (2022/05/19 10:18:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SWIX(スウィックス)
¥6,820 (2022/05/19 13:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

スノーボードカテゴリの最新記事