『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

ハイシーズンは最も危険!キャンプやBBQで食中毒を防ぐための心得

ハイシーズンは最も危険!キャンプやBBQで食中毒を防ぐための心得
   
キャンプの楽しみと言えば、おいしい料理を作って食べること。ですが、キャンプのハイシーズンである7月〜9月は、食中毒が最も多くなる季節でもあります。楽しいはずのキャンプを、苦しい思い出にしないためにも、徹底した食中毒対策が必要です。今回は、キャンプでの食中毒を防ぐためのポイントをお伝えします。
   

食中毒はなぜ起こる?

キャンプやBBQで食中毒

 

キャンプでの食中毒は1年中起こるものですが、気温が高くなる7月〜9月は、最も起こりやすい時期です。

食中毒に陥ると、「腹痛」「下痢」「嘔吐」「吐き気」など急性の胃腸症状や、「頭痛」、「発熱」などの症状が現れます。

ほとんどは対症療法で治りますが、重篤化して命に関わるケースもあるため、軽視できません。

食中毒の原因は、細菌、ウィルス、原虫等の3種類に大きく分けられます。

そのうち、キャンプでの食中毒のほとんどは細菌によるものです。

 

原因となる主な細菌

腸炎ビブリオ、カンピロバクター、サルモネラ属菌、病原性大腸菌(O157など)、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌など。

特に、牛、豚、鶏、羊など、動物たちの腸管内などに存在するカンピロバクターは、生肉を通しての感染が多く、BBQや野外料理の際は十分な注意を払わなければいけません。

中でも鶏肉は、カンピロバクターの付着が多いそうです。

カンピロバクターによる食中毒の主な原因は、加熱の不十分な肉を食べたことによる感染が一番多く、その次に、生肉を触った調理器具から食器やサラダなどに菌が移り、それを口にしたことによる感染が多くなっています。

火をしっかり通すことで菌は死滅しますが、それだけで安心せず、調理器具の管理や食器の殺菌などにも気を配ることが大切です。

 

 

食中毒予防の三原則

菌は目に見えないので、ついつい油断してしまいがち。

食中毒を引き起こさないためにも、次の食中毒予防の三原則を覚えておきましょう。

 

①菌をつけない

手や調理器具、食材はしっかり洗い、生肉や生魚は野菜などにくっつかないようにすること。

 

②菌を増やさない

食材は新鮮なうちに調理し、なるべく早く食べきるようにする。

 

③菌をやっつける

肉などは十分に加熱し、まな板やトング、ふきんなどを消毒する。

 

ここからは、具体的なキャンプでの食中毒対策を挙げていきます。

 

 

キャンプでの食中毒を防ぐためのポイント

キャンプやBBQで食中毒

買い物はキャンプ場の近くで

肉や野菜などの食材の調達は、なるべく現地で行うようにしましょう。

「クーラーボックスで冷やしているから大丈夫」というのは過信しすぎです。

 

調理直前までクーラーボックスで冷やす

買い物をしたら、すぐにクーラーボックスに入れて冷やしておきます。

ムダにクーラーボックスを開けずに、調理するギリギリまで食材は外に出さないように。

 


 

 

クーラーボックスは飲み物と食材で分ける

クーラーボックスは、開けると冷気が逃げてしまい、中の温度が上がってしまいます。

細菌は10℃を超えると活発になってしまうので、なるべく開閉を少なくして、庫内を低温に保つことが大事です。

そのためには、取り出すことが多い飲料と、食材のクーラーボックスは分けることをおすすめします。

 


 

 







安全・危機対策カテゴリの最新記事