「komorebi」は、シェード(大)(中)(小)の組み合わせで、焚き火と調理を楽しむことができます。異なる大きさの「シェード」の隙間から、焚き火の灯りがこもれでる姿は、重なり合ったシェード照明のようなやさしい雰囲気を演出します。全体を照らす燃え上がる炎と、足元を優しく照らす灯りの組み合わせを楽しむことができます。

焚火台『komorebi』

komorebiは、「灰受けの穴」「ロゴの切り抜き」そして、「各シェードの隙間」部分から空気を吸気することで、煙突効果が発生し燃焼効果を高めます。
火付けも簡単にでき、川に落ちている木も燃え残りもなく灰しか残らないほどの燃焼力です。
吸気が最大限発揮されるため、側面の輻射熱は抑えられているほどです。
また、シェードの組み替えで火力調節が可能で、熾火での調理で遠火(弱火)、中火、強火の調整ができ様々な調理がしやすくなります。

焚火台『komorebi』

企画担当者は元照明器具メーカーに勤務経験があり、そこで培った知識や経験を注いだ焚火台です。灯りが作りだす揺らぎのリラックス効果や陰影が作る演出性、そしてプロダクトの美しさと、キャンプギアとしての実用性。
調理・焚火・空間・炎の灯りを楽しむことをデザインした焚火台「komorebi」は、キャンプサイトの中心で癒しの光を灯します。

焚火台『komorebi』

収納はすべてのパーツがシェード(大)のサイズに収まり、A4の用紙とほぼ同じサイズになります。シェードと灰受けは入れ子になり、お弁当のように収まりコンパクトな収納になります。
構造は、シェードの歪みを極力抑えるようにシェードを上下に織り込み剛性を確保しました。角にも歪み防止補強をプラスし、調理時のグラつきや薪を立てかけた際の安定性を高めました。
脚にフックをつけシェードの角を引っ掛けることで形状を保つように設計されており、組立式の焚火台によくあるグラグラ、バラバラな不安定感を避けた構造です。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。