アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

カヌースプリントは水上のF1!オリンピック・パラリンピックで大注目のカヌースプリントとは

カヌースプリントは水上のF1!オリンピック・パラリンピックで大注目のカヌースプリントとは
東京オリンピック・パラリンピックで、メダルが狙える競技として注目されているのがカヌー競技。なかでもカヌースプリントは歴史も古く世界各国で盛んに行われている人気競技です。この記事ではカヌースプリントについてくわしく解説します。

カヌースプリントとは?

カヌースプリント 競技

カヌースプリントは一定区間のコースを「Ready Set Go」の掛け声とともに一斉にスタートし、ゴールをめがけて順位を競います。

2009年以前はフラットウォーターレーシングという名前で呼ばれており、そちらの方がなじみのあるかたも多いかもしれません。

穏やかな水面に水しぶきをあげて漕ぎ進むカヌーのスピードと迫力は圧巻!カヌースプリントは時に、水上のF1にたとえられることもあります。

カヌースプリントはオリンピック競技の正式種目になっており、オリンピックでは12種目、パラリンピックでは2種目が行われます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

東京2020オリンピックで注目されるカヌー競技について基本解説します

 

カヌースプリントで使用するカヌーの種類

カヌースプリント 競技

ここからはカヌースプリントで使われるカヌーについてご紹介します。

カヌーの種類:カナディアン

カヌースプリント 競技

カナディアンはもともと、北米大陸で人々が生活のために使用していた丸木舟がルーツです。

カナディアンのサイズは5m20cmと初めて見る人は意外と大きいことに少しおどろかれると思います。甲板がなく、選手は立膝でシングルブレードパドルを持ち、カヌーを操船します。

競技用のものはスピードを重視するため極端に細長く作られており、一般の人ではバランスをとることが難しく乗ることすら困難です。

そこに、立膝をついた状態で艇をこぐことからも、アスリートの身体能力の高さがうかがえます。

カヌーの種類:カヤック

カヌースプリント 競技

カヤックは、アラスカ先住民のイヌイットが狩りの際に使用した、甲板が毛皮で覆われた丸木舟がルーツになります。

カヤックには甲板があり、座った状態でダブルブレードを使い、カヤックの両側を漕いで進んでいきます。艇内にはラダーと呼ばれる舵がついており、ここでレーンからはみ出さないようにコントロールします。

カヌーに比べてバランスはとりやすくなりますが、速度が出るので競技ではスピード勝負になってきます。

サイズはいちばん小さなシングルで5m20cm、ペアで6m50cm、フォアでは最大11mにもなり、大型路線バスとほぼ同じ大きさになります。

ページ: 1 2
   
   

カヌー・カヤックカテゴリの最新記事