ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

インナーグローブでロードバイクの指先もあたたかく!必要な機能とは

インナーグローブでロードバイクの指先もあたたかく!必要な機能とは
寒いなかでのロードバイクは指先が冷たく、ブレーキやハンドル操作もしづらいなんてことも。そんなとき、普通のグローブの下にインナーグローブをつけることでかなり解消できます。ここではインナーグローブの機能や選びかた、そしておすすめもご紹介します。

インナーグローブってなに?

ロードバイク インナーグローブ

インナーグローブとは、普段使用しているグローブの下に重ねてつける薄手のグローブのことです。吸汗性にすぐれていて、ムレも少ないのが特徴。

どうやってつかうの?

服にたとえるとインナーのような役割をするので、インナーグローブをつけた上に、普段使用しているグローブをつけます。手袋を二重にすることであたたかく、それでいてハンドル操作を邪魔しません。

 

インナーグローブに必要な機能と選びかた

ロードバイク インナーグローブ

インナーグローブに必要な機能と選びかたを見てみましょう。

必要な機能

必要な機能は、次の3つです。

  • 保温性
  • ストレッチ性
  • 吸汗速乾

保温性

インナーグローブのいちばんの機能というと、保温性があげられます。グローブを2枚重ねてつけるだけでも、あたたかいのですが、保温性が高ければ、よりあたたかくなります。

ストレッチ性

ストレッチ性というのは、ある程度ピタッとつけられるということ。あまりだぼっとしていると、その上にグローブを重ねたときゴロゴロしたり装着感が悪くなることも。そのほか、手の動きを邪魔しない伸縮性もあると最適です。

吸汗速乾

冬でもロードバイクに乗ると、汗をかくこともあります。吸汗速乾の性能があれば、汗をかいてもしっかりと吸い取って、乾かしてくれるのでムレずに快適です。

インナーグローブの選びかた

選ぶときに注意したい点は、2つあります。

  • ぴったりのサイズを選ぶ
  • 薄手タイプ

インナーグローブは、手にあったサイズを選ぶ必要があります。小さすぎると、グローブを重ねたときに窮屈になりますし、大きすぎるとダボついて不快になるのでサイズ選びは慎重にしましょう。

またインナーグローブの素材もいろいろとありますが、薄手のタイプが定番。手のひらの感覚が大切なロードバイクでは、グローブを重ねても手の感覚を感じられるようにすることが重要です。

ロードバイクカテゴリの最新記事