アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

「iCE CAPSULE」は10分回すだけでアイスが作れてアウトドアシーンで活躍

「iCE CAPSULE」は10分回すだけでアイスが作れてアウトドアシーンで活躍
iCE CAPSULEはNO電源・10分でアイスができる「特殊構造×氷×塩」で、-18℃の急速冷却を実現しました。「山頂でアイスクリームを食べたい!」登山を愛する社長の夢から生まれ、ものづくりのまち・新潟三条燕の総力を結集した、未来へつながる一品です。

iCE CAPSULE

iCE CAPSULE

ものづくりのまち・新潟県三条市の金属加工メーカー、米山工業株式会社が2年の歳月をかけて開発。
キャンプやバーベキュー、登山などのアウトドアシーンで、電源を一切使わずにアイスクリームを作れるマシンが誕生しました!

iCE CAPSULE

リュックにも入る超コンパクトサイズで、材料は氷と塩、そして生クリームや卵などのアイスの素だけという手軽さ。

iCE CAPSULE

「氷に塩を加えて急速冷却」という化学の現象を利用してアイスを作るのですが、遊びながらアイスができるので子ども達も大喜びです!
アウトドアや、お子さんとのおうち時間、食育にも楽しくお使いいただける「iCE CAPSULE」。その構造からおすすめレシピまで、まるごとご紹介します。

わずか10分でアイスが固まる訳

iCE CAPSULE

それは「攪拌の仕方」と「本品の特殊構造」に理由があります。
本品は、アイスクリームを攪拌する際に容器を「横に倒す」のが大きなポイントです。
もし、容器を立てた状態でハンドルを回したらどうでしょう。アイスクリームの素は容器の下に溜まったままで、効率よく冷やすことができません。
本品は「横に倒して撹拌する」ことで氷と塩でキンキンに冷やされた内容器全面にアイスクリームの素が触れ、カップの壁に沿ってどんどんアイスが固まっていくのです。

外容器に氷を入れます。

iCE CAPSULE

この外容器はステンレスの二重構造です。保温性が非常に高く、当日セットした氷を山頂までキープします。
また、ステンレスの中でも耐食性に優れ、海水などに触れても錆びにくい「SUS316」を使用しています。
サイズは、バーナーとクッカーが一体になった高速湯沸かし器や、大きめのランチジャーに近いです。容量は900ml。
ご家庭の製氷皿で作った氷をそのまま使えます。

アイスクリームの素をよく混ぜて内容器に入れ、外容器にセットします。

iCE CAPSULE

・卵黄、砂糖、生クリームが分離しないよう、しっかり混ぜるのがポイントです。
・フリーザーバッグを使うと簡単です。
・よりしっかりと混ぜるには、ハンドミキサーや泡だて器で生クリームを6分立て(持ち上げると帯状に流れ落ちるくらい)にしたのち、卵黄、砂糖、バニラエッセンスを加えて混ぜ合わせます。

内容器は熱伝導率の高いアルミニウム製で、容量は市販のミニカップアイスとほぼ同じ100mlです。

内容器を一旦取り出し、氷に塩を振りかけます。

iCE CAPSULE

内容器をセットし、ふたを締めます。この時、ふたと外容器を揺するようにします。
容器を横に倒し、10分ほどハンドルを回します。最初の3分程度は、容器を強めに振りながらハンドルを回し、氷と塩がよく混ざるように意識しましょう。

iCE CAPSULE

横に倒しても塩水がこぼれない「密閉性」と容器のふたでもあるハンドルの「スムーズな回転」を両立したのが、本品で最も重要な「ジョイントパーツ」です。

iCE CAPSULE

ハンドルと内容器を連結する部品で、ハンドルを回すと内容器が回転し、アイスの素を攪拌します。
この時、特殊構造により中のアルミ容器だけが回転するので外容器が外れることはありません。
材質は、丈夫さと適度な「しなり」を兼ね備えたナイロン製です。

iCE CAPSULE

ふわっと口どけなめらか。作りたてアイスは格別です!
iCE CAPSULEでのアイスクリームの作り方はコチラもご覧ください!

ページ: 1 2
   
   

メーカーカテゴリの最新記事