ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ワールドワイドオンラインコンテスト優勝から五輪予選へ。 スケートボーダー 藤澤虹々可 取材録Part1

ワールドワイドオンラインコンテスト優勝から五輪予選へ。 スケートボーダー 藤澤虹々可 取材録Part1
東京オリンピック一年延期は各方面に様々な影響を与えましたが、大ケガにより一昨年の五輪予選を棒に振ってしまった藤澤虹々可選手にとっては、まさに起死回生の大チャンス。並々ならぬ意欲を見せる彼女にインタビューを敢行しました。

 

スケートボードで延々と遊んでいた幼少期

藤澤虹々可(スケートボーダー)

ーまずはインタビューに際した自己紹介からお願いいたします。

藤澤虹々可(ふじさわ ななか)です。19歳です。スケート歴は13年で、今はスケートボード中心の生活を送っています。なのでよくプロと言ってくださる方もいますけど、私自身まだまだだと思っているので、これからもっと頑張らないとなって思っています。

コンテストでは2019年の全日本選手権で優勝することができたので、東京五輪にむけた強化指定選手に選んでいただくことができました。あとは自分の映像作品を残すことにも力を入れていて、昨年は2つの世界規模のオンラインコンテストで優勝することができました。

ーではスケートボードを始めたきっかけを教えてください。

じつは父親がサーファーでして、家の近くに小山公園スケートパークができたことから、まずは父がサーフィンのオフトレとしてやっていたんです。

そこに私もついていって、最初の半年くらいはローラースケートとかをやりながら遊んでいたんですけど、楽しそうに滑る父の姿を見たら自分もやりたくなって本格的に始めました。それが6歳の頃です。

ーかなり若くしてはじめられましたが、はじめた当初の記憶はありますか?

さすがに6歳だと私自身ほとんど記憶にありません。ただ両親がいうに幼少期の私は本当に飽きっぽい性格で、いろんなことをやってはやめてということの繰り返しだったそうです。

それがなぜかスケートボードだけはお父さんのを借りて延々と遊んでいたみたいで。なので1週間頑張ったら自分のスケボーを買ってくれると両親と約束をしたら、今まで見たことないくらい頑張ってたんだよって話していました。

おそらくはじめから私に合っていたんだと思います。

 

スケボー漬けの毎日と優しいお兄さんたちの存在

藤澤虹々可(スケートボーダー)

ーでは記憶がある最初の頃の思い出を聞かせていただけますか?

スケートボードはやるものなんだって思っていましたね。学校が終わったらすぐに小山公園のパークに行って、練習したら帰ってご飯食べて寝るという1日のルーティーンが、物心がついた頃にはすでにでき上がっていたので、自然とそうなっていたと思います。

そもそも最初に出会ったのは幼稚園の頃ですし、同世代の友達と遊びたいとか、そういう感情が生まれる前にすでにスケボー漬けの毎日になっていました。だから選択肢もなにもなかったんですよ。今思うと、言い方は悪いですけどある意味洗脳されてたのかもしれないです(笑)。

だからそれが嫌になることもありましたけど、そのおかげでここまで上達することができたので今は感謝しています。ただ私たちの世代で活躍しているスケーターは、そういう経験をしている人が多いと思います。

ー幼少期にそのような経験をすると辞めてしまう人も多いと思いますが、藤澤選手は今もこうして国内トップの選手として活躍されています。その理由は何だと思いますか?

小山公園のお兄さんたちの存在がすごく大きかったと思います。私の地元には玉野辰磨さんというプロスケーターがいるのですが、小さい頃は彼のスポンサーされているブランドを揃えていました。

というのも、お兄さんたちが当時小学生だった私にいろいろなトリックを優しく教えてくれたんです。

そのトリックをメイクしたらウワーって場をを盛り上げてくれたりとか、そういう人の暖かさに触れることができたから、練習が辛くても頑張ろうって思えたんです。

今もYouTubeに上がっていますけど、1カットだけ出させていただいた奥野健也さんのThe Days Innなんかは、まさにそんな当時を象徴していると思います。 

ページ: 1 2 3
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事