ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ワールドワイドオンラインコンテスト優勝から五輪予選へ。 スケートボーダー 藤澤虹々可 取材録パート3

ワールドワイドオンラインコンテスト優勝から五輪予選へ。 スケートボーダー 藤澤虹々可 取材録パート3
東京オリンピックの1年延期によって、出場に向けて起死回生のチャンスが巡ってきた藤澤虹々可選手。ラストインタビューは、自身のスケートボード観からプライベート、そしていよいよ再開されるであろう五輪予選に向けての意気込みを伺いました。

 

『Chatty Chatty』からの影響

藤澤虹々可(スケートボーダー)

ー今回もインタビューに際した自己紹介からお願いします。

藤澤虹々可です。19歳です。スケート歴は13年で、今はスケートボード中心の生活を送っています。なのでよくプロと言ってくださる方もいますけど、私自身まだまだだと思っているので、これからもっと頑張らないとなって思っています。

コンテストでは2019年の全日本選手権で優勝することができたので、東京五輪にむけた強化指定選手に選んでいただくことができました。あとは自分の映像作品を残すことにも力を入れていて、昨年は2つの世界規模のオンラインコンテストで優勝することができました。

ー藤澤選手は過去にも『joy and sorrow 3』や『ReStart』といった作品でパートを残しています。同世代で3本もフルパートも残している人はなかなかいないのではないでしょうか?

それは、ただ私のいた環境が良かったんだと思います。小山のお兄さん方も、小学生の頃からたまにストリートに連れていってくれましたし、フィルマーのユリユリ(村井祐里)に出会えたこともすごく大きかったと思います。

最近ではDOBB DEEPというクルーにも誘っていただいて、赤羽(賢)さんにも撮影していただいてます。そうやって周りに多くのフィルマーがいるのはレアなケースだと思いますし、本当にありがたいなと思っています。

ーDOBB DEEPと言えば、日本のスケートビデオカルチャーの発展に重要な役割を果たした『Chatty Chatty』クルーがルーツですが?

そうなんです! 私、本当に『Chatty Chatty』が大好きで。そのくせ、こういうのはすごく恥ずかしいんですが、中学生くらいまで全然ビデオを見てなかったんです。

でもACTsbSTOREに行ったときに、お店で偶然『Chatty Chatty 4』が流れてたんです。戸枝さんのパートがはじまったら、お台場の有名なステア(階段)をポンポンといろいろなトリックで跳んでいて。

スケートボードをしてきて、他人をカッコいいと思ったことはこれまで何度かあるのですが、その中でも一番の衝撃でした。そこからすぐにDVDを買って夢中で観ていたら、友人から『Chatty Chatty 3』もプレゼントしてもらって。もう何度観たかわからないくらいです。

皆さん本当にカッコ良いし、でもアットホームな感じで、さらにFIREBALLさんとかレゲエの音楽もホームの湘南の雰囲気にすごくマッチしていて、「なんでこんなに素敵なんだろう。」って思ったんです。

そこから今までのスケート観が変わって、カッコ良く滑りたいって思うようになりました。撮影にも自分のこだわりが出てきましたし、スタイルをすごく意識するようになったんですよね。

今はDOBB DEEPでChatty Chattyの方々と一緒に撮影に行かせてもらう機会もありますけど、撮影中の雰囲気もビデオのままですし、そういう世界観も含めてすべてが大好きです。

なんかもうずっと眺めていたいくらいです(笑)。

 

スケートボードの魅力「多様性」

藤澤虹々可(スケートボーダー)

ーただスケートボードはビデオパートの撮影とコンテストではまったく違う活動になります。藤澤選手はそれぞれをどのように考えていますか?

ビデオパートに関しては自分を表現するじゃないですけど、自己満的なところがあるのかなと思います。

自分がやりたいことをやりたいところでやって、それを繋げていただいて好きな音楽を乗せて創りあげます。

なので作品というよりも、「私はこういう滑りをしますよ」とか、「こういうスタイルですよ」っていう名刺代わりみたいなものだと思っています。

それに対してコンテストは、自分のやってきたことを見せるわかりやすい場所という感じですかね。

ビデオパートは個性が全面に出るので、観る人によって評価は分かれますけど、コンテストは勝ち負けがダイレクトに出ます。だから出る以上は本気で勝ちにいく必要があると思いますし、自己満で終わらせてはいけないものだと思っています。それに勝つためには練習量はもちろん戦略なども必要になってきます。

でも私の場合は他人に勝つというよりも、自分に勝つためにやっている感じです。いかに自分にとってベストな滑りをするのかを意識して、その上で結果がついてきたら良いなと思ってます。

なのでビデオパートはカルチャーで、コンテストはスポーツという感じですかね。たまにスケートボードとは何なんだといった形でカテゴライズするような記事もありますよね。

でも、スケートボードはスケートボードだし、一括りにしないで好きにやりたいようにやれば良いと思います。そういう多要性がスケートボードの魅力ですし、私はどちらも好きなので、どちらも一生懸命やっています。

藤澤虹々可(スケートボーダー)

 

ページ: 1 2 3
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事