アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

【中坂優太】プロスケーターから理学療法士へ〜論理的スケートボードスクール取材記③〜

【中坂優太】プロスケーターから理学療法士へ〜論理的スケートボードスクール取材記③〜
今やスケートボードスクールは全国で盛んに行われています。その中でも中坂さんのスクールは、規模は小さいながらも有名選手を複数輩出し、県外から足繁く通う人もいるほどです。今回はスクール生からの言葉も交えつつ、今後の展望について取材しました。

スクール事業について

中坂優太(プロスケーター / 理学療法士)

ー今回もまずはインタビューに際しての簡単な自己紹介からお願いいたします。

中坂優太です。年齢は37歳でスケート歴は22年です。現在の活動はスケートボーダーとしてなるべく現役で活動しながら、理学療法士として病院にも勤めています。

特徴としてはスケートボードと理学療法双方の知識と経験を融合させた独自のメソッドに基づいたスクールを行ったり、運動学に基づいたオリジナルシェイプのデッキ開発、さらにPCIS(Physical Care Insol Skateboarding)という名前でオーダーインソールも作っています。

その他にも静岡県スケートボード協会運営に携わりながら、イベントの運営やコンテストジャッジなんかもしながらシーンの底上げをしています。

ー現在進行形で行っているスクールのことを教えていただけますか? また、過去に携わってきたスクールなども教えてください。

定期スクールは静岡市にある「F2O park」で月に3日、浜松市にある「S.L. PARK」で月1やっています。基本的に1グループ3人で、それぞれ1時間半ずつのレッスンです。

ここ数年は、実技だけでなくセミナーも開催しています。セミナーではパワーポイントを使って運動学に基づいたスケートボード理論を話してます。難しく聞こえるかもしれないですが、実際は身体の使い方や靴について特徴や選び方といった内容です。

すぐに実践できるところまで落とし込んだ内容をわかりやすく伝えているので、参加された方からは聞けて良かったとの声をいただいています。

不定期開催では、スケートボード日帰り合宿のような形式で、スケートボードのレッスンとその後の身体のケアまでみっちり一緒にやりました。これはF2O parkで7名限定で丸1日かけて行いました。

最近はあまり開催できてないのでまたやりたいと思っています。あとは個別のプライベートレッスンも要望があった際は行っています。もちろん1対1で行っているので、生徒さんの運動能力に合わせた毎日の練習内容やコンディショニングまで細かな指導をしています。

 

教え子には世界で活躍するライダーが3人も

中坂優太(プロスケーター / 理学療法士)

ー今までご自身が行ってきたスクール出身者で、現在、国内外で活躍しているライダーや、注目スケーターがいれば教えてください。

前回、Greenfieldでもインタビュー記事が掲載されていた2人、世界最高峰のコンテストStreet League Skateboarding(SLS)のSUPER CROWNという年間王者決定戦で決勝に残った青木勇貴斗や、世界中のアマチュアの登竜門と言われているTAMPA AMで優勝した根付海龍ですね。

関連記事:
東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記①

東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記②

東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記③

あと最近ではSNSで世界的にバズってる小野寺吟雲( @ginwoo.jp )がマジでヤバいです。彼はまだ10歳なんですが、正直この年齢ではありえないスキルですね。間違いなく世界クラスだと思うので、本当に今後が楽しみな存在ですし、皆さんも注目してほしいなと思います。

ページ: 1 2
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事