アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記①

東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記①

青木勇貴斗選手と根附海龍選手は、東京五輪スケートボード強化指定選手に選出され、活躍が期待されている若手選手です。今回は取材から彼らの強さの根源にあるものに迫りたいと思います。

2人揃って強化選手に

 

ーまずは簡単におふたりの自己紹介からお願いします
青木:青木勇貴斗です。17歳で出身は静岡県の清水です。スケート歴は11年。小学校6年生の時にAJSA(日本スケートボード協会)のプロライセンスを獲得したので、プロ歴は5年目になります。

昨年は年間ランキング1位を獲得することができました。合わせて全日本選手権も優勝したことで、オリンピックに向けた強化指定選手としても活動しています。さらにSTREET LEAGUEという世界最高峰の国際大会にも決勝に残ることができたので飛躍の1年になりました。

根附:根附海龍です。同じく17歳で出身は静岡県島田市です。スケート歴は10年、プロ歴は4年目です。

去年はAJSAのプロ戦や湘南オープンという国内最高峰コンテストで優勝できただけでなく、TAMPA AM(※1)でも優勝することができたので、飛び入りで強化指定選手に選んでもらうことができました。
※1 全世界から有望な若手が集まる世界最高峰のアマチュアコンテスト。

 

スケートボードを始めたきっかけ

ーではスケートボードを始めたきっかけはなんですか?
青木:父親がダンサーでもともとストリートカルチャーが好きだったんです。その影響で父が観てたDVDにスケートボードのシーンがあって、それを見た時に「なんだコレ! めちゃめちゃカッコイイ!!」って思ったんです。

すぐにおねだりしてトイザらスでおもちゃのスケボーを買ってもらったのがスタートです。5歳の頃です。

根附:僕は叔父がスケボーをやっていたので、物心ついた頃から自然と見ていたんです。だから最初はそのデッキ(ボード)を借りて座りながら乗ったりして遊んでいました。

それがすごく楽しかったから、本格的にやりたいなって思い、地元の島田市というところの河川敷でやっていたスクールに通うところから始めました。それが6歳の頃ですね。

ーどの瞬間に「スケートボードにハマッた!」と感じましたか? スケートボードの楽しさについて聞かせてください。
青木:スケボーを始めた当初は、楽しかったんですが実はそこまでハマっていなかったんです。ただ家の近くにあるエスパルスドリームプラザという場所にあるスケートパークに行くようになって変わりました。

そこで原悠真くんに声をかけてもらったんです。スポンサーがつくくらい上手で凄く顔が広い人だったので、それががきっかけで大人の人達がよくしてくれるようになって、どんどん夢中になっていったんです。

悠真くんとドリームプラザのパークがなければ今の自分はないって言い切れます。

根附:自分は河川敷のスクールでしっかりと基礎を教わることができたからです。ドロップイン(※2)にしても講師の人がしっかり手を持って支えてくれたりとか丁寧に教えてくれたので、オーリーのモノ越えとかも割と早くできるようになりました。

スケートボードは難しいから、楽しいって思えるレベルに到達できずにやめてしまう人も多い中、身近にスケートパークとスケートスクールがあるという恵まれた環境にあったのが大きかったと思います。

※2 テールをコーピングに掛けてプラットホームからアールと呼ばれる湾曲面に滑り降りるトリック。基礎ではあるが最初は恐怖心から腰が引けて転んでしまい、ケガにつながりやすい。

ページ: 1 2
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事