冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間。 【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記③

東京オリンピック強化指定選手、競い合い、高め合い、励まし合える最高の仲間。 【スケートボード 青木勇貴斗 & 根附海龍 】取材記③
幼馴染、そして良きライバル・仲間として、共にスケートボード東京五輪強化指定選手入りを果たした青木勇貴斗と根附海龍の両選手。今回の取材では出場の可能性がある東京五輪についてと、その先にある将来の夢について伺いました。

五輪延期で「チャンスが広がった」

青木勇貴斗 & 根付海龍

青木:青木勇貴斗です。17歳で出身は静岡県の清水です。スケート歴は11年。小学校6年生の時にAJSA(日本スケートボード協会)のプロライセンスを獲得したので、プロ歴は5年目になります。

昨年は年間ランキング1位を獲得することができました。合わせて全日本選手権も優勝したことで、オリンピックに向けた強化指定選手としても活動しています。さらにSTREET LEAGUEという世界最高峰の国際大会にも決勝に残ることができたので飛躍の1年になりました。

根附:根附海龍です。同じく17歳で出身は静岡県島田市です。スケート歴は10年、プロ歴は4年目です。

去年はAJSAのプロ戦や湘南オープンという国内最高峰コンテストで優勝できただけでなく、TAMPA AM(※1)でも優勝することができたので、飛び入りで強化指定選手に選んでもらうことができました。
※1 全世界から有望な若手が集まる世界最高峰のアマチュアコンテスト。

 

ー今回の取材では志向を変えて、まずデッキのセッティングのこだわりについてから聞かせていただけますか?

根附:自分はコンケーブが強めの方が食いつくから好きです。太さはベーシックな8インチです。あとトラックはINDEPENDENT以外使ったことがないです。

今は金属が肉抜きされたホローライトを使ってます。ウィールはRICTAでベアリングがBRONSON。シューズはもちろんスポンサーであるDCです。

自分は足をしっかりホールドしてくれるちょっとゴツめのモデルが好きです。馴染むまで多少時間はかかりますけど、その分ビッグトリックをやるときの安心感が全然違うんですよ。

青木:自分は海龍よりも少しだけ太い8.125インチが好きです。グリップデープは粒子が少なめでちょっとだけ荒いのが良いかな。トラックはとりあえずHiで、テールを弾く感覚が少し重めのブランドが好きです。

今使ってるRoyalはホイールベースが短くなっていないから自分に合ってるんですよ。ベアリングはThe Bearingっていうドメスティックブランドで、ウィールはSPITFIREのF4です。その53mmが今まで使ってきた中で一番調子いいですね。

ー今年は新型コロナウイルスによるパンデミックでオリンピックが延期になりましたが、そこはどう捉えていますか?

根附:延期になったことでこれから開催されるコンテストの比重が重くなったので、チャンスが広がったという意味では幸運な面もあるかなと思います。

もちろんコロナの成り行きで今後変わってくるところはあると思いますけど、それでも自分は今オリンピックの出場ポイントが0なので、逆転出場を目指す舞台は延期によって更に整ったなとポジティブに捉えています。

青木:それは自分も同じですね。自分よりも上にいる雄斗(堀米)君と空良(白井)君と自分の差が現時点ではかなり大きいので、そこを詰めるチャンスだと捉えています。

上位3人の中では自分が最年少なので、伸び代は一番だと思っているし、そこには期待していてほしいところです。新たなトリックも幾つか目星はついています。

 

今まで以上の滑りを期待できる

青木勇貴斗 & 根付海龍

ー今年はコンテスト自体がほとんど開催されていません。試合勘みたいなものは鈍ったりはしないのですか? また、今年はオンラインコンテストが一つの潮流になっていますが、そこについてはどう思っていますか?

根附:コンテストがまだ始まってないのでわからない部分はありますけど、とくにできなくなったトリックもないですし、練習もいつも通りやっているので、ブランクがあっても今までと変わらないメンタルで臨めると思います。むしろ今まで以上の滑りができると思いますよ。

青木:それは自分も同じですね。

根附:それとオンラインコンテスト、本音を言えば自分も出てみたかったですよ。でもTAMPA AMとして行われていたので、去年優勝した自分に出場資格はなかったんです。

青木:自分もSTEREET LEAGUEで決勝に残ったことでプロ登録してもらったので出れませんでした。

プロ資格がある人も出られるベストトリック制のTRICK OF THE YEARとかもありますが、自分はどうせやるならアメリカの皆が見たことあるようなスポットでレコードトリックを出したいなって思ってます。20歳までにはやりたいですね。

ー今は長らくのシーズンオフとなっていますが、現在行っている活動はどのようなことがありますか?

青木:じつは今、フルパートを撮ってるんですよ。コンテストやオリンピックが大事なのはもちろんなんですけど、やっぱりアメリカで本当に認められるには自分の名刺代わりになるビデオパートは絶対に必要です。

フィルマーがいる大阪に定期的に足を運んでフッテージをためています。いい感じに撮れてきてるので期待していてください。コンテストがない今だからこそできることなので、そこは意識して動いています。

根附:自分はとにかく東静岡で練習です。

先ほども言いましたが、強化指定選手に入ったとはいえオリンピック出場は崖っぷちに立たされている状態なので、自分の得意技のヒールフリップを応用して今まで誰もやったことない複合トリックをにトライしたりなど、逆転出場への道を常に模索しています。

 

ページ: 1 2
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事