アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

【中坂優太】プロスケーターから理学療法士へ〜論理的スケートボードスクール取材記②〜

【中坂優太】プロスケーターから理学療法士へ〜論理的スケートボードスクール取材記②〜
今やスケートボードスクールは全国で盛んに行われています。その中でも中坂さんのスクールは、規模は小さいながらも有名選手を複数輩出し、県外から足繁く通う人もいるほどです。今回の取材では、中坂さん流育成メソッドを深堀りしました。

理学療法士になり動作を分析できるように

中坂優太(プロスケーター / 理学療法士)

ー今回もまずはインタビューに際して簡単な自己紹介からお願いいたします。
中坂優太です。年齢は36歳でスケート歴は22年です。現在の活動はスケートボーダーとしてなるべく現役で活動しながら、理学療法士として病院にも勤めています。

特徴としてはスケートボードと理学療法双方の知識と経験を融合させた独自理論のスクールを行ったり、運動学に基づいたオリジナルシェイプのデッキ開発、さらにPCIS(Physical Care Insol Skateboarding)という名前でオーダーインソールも作っています。

その他にも静岡県スケートボード協会運営に携わりながら、イベントの運営やコンテストジャッジなんかもしながらシーンの底上げをしています。

ースケートボードスクールのコーチと理学療法士、どちらの方を先に始められたのですか?

コーチが先です。以前は動作が物理的に分からず感覚的な部分に頼っているところがあったんですが、理学療法士になってからはその動作からなぜメイクできないのかが分析できるようになったので、教えるスキルも格段に上がりました。

人には動きの癖があって、その癖の原因はさまざま。できない動作がある場合は、そこにダイレクトに直結する運動を促して覚えてもらったりもしてます。一見、スケートボードに関係ないような動きでも、ものすごく重要な動作はたくさんあるんです。

 

“心技体調”を学んで気づいたコンディショニングの重要性

中坂優太(プロスケーター / 理学療法士)

ープロスケーターだったことが理学療法士に、理学療法士であることがコーチングに活きる部分はあると思いますが、両方やっていて良かった点はありますか?

プロスケーターからは”心技体”を学び、理学療法士からはそれらに加え”調”を学びました。調という言葉は聞きなれないかと思いますが、これは調整の調でコンディショニングです。上手くなればなるほど、これができないと身体が潰れてしまいます。

痛くない時は気づかないですが、関節への小さなストレスの蓄積が障害に繋がってしまうんです。これで実際に自分は潰れかけました。足首、 膝、腰がとにかく痛かった。今はトレーニングでもたせてますけど、痛みとは常に隣り合わせなので気を抜くとヤバいです。

ケガでスケートができなくなったという友人も何人も見てきたので、今の若い子にそれを本当に伝えたいです。今の世代の子は大きなセクションを使ったトリックをするので、身体への負担は本当に大きいんです。

ページ: 1 2
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事