アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【荒畑潤一】プロスケーターを経て育成のプロフェッショナルへ〜取材録Part1

【荒畑潤一】プロスケーターを経て育成のプロフェッショナルへ〜取材録Part1
”スケートボードの仕事”というとどんなことを想像するでしょうか。今回ご紹介する荒畑潤一さんは、プロスケーターを経て現在は次世代の育成を行う、その道のスペシャリストです。Part1ではご自身の経験をもとにスケートボードというジャンルの歩みについて直接お伺いしました。

多様化したスケートボードシーン

荒畑 スケートボード

ーまずは最初に、取材に際しまして自己紹介からお願いできますか。

初めまして、荒畑潤一といいます。1977年1月19日生まれで43歳になります。スケート歴は32年なのでもうベテランの領域ですかね。

今の活動としてはスケートボードの現役をできる限り続けながら、日本の未来のスケーターの育成をしています。他にもChimera A-SIDEというアーバンスポーツイベントのディレクターをしたり、コンテストのジャッジなんかもたまにやりますね。

今までプロスケーターとしての長年活動してきた経歴を活かして、スケートボードの本質を大事にしながら、スケートボードを世に広めていくために様々なことをフリーランスとして行っています。

ー現在、スケートボードといえば一般的にはオリンピック競技に採用された新たな競技という認識かと思いますが、荒畑さんは今のスケートボードシーンをどのように感じていらっしゃいますか?

一言で言うなら”多様化”ですかね。昔は不良上がりのような怖いけどカッコイイ先輩に憧れて始めたとか、バンドマンが滑ってたりとか、ルーツを持つカルチャー的要素が強かったんですが、今はオリンピック競技にも採用されたことで愛好者の方の中にはスポーツ的な路線の人が増えたなという印象です。

そしてメディアに有力選手が取り上げられてるおかげなのか、スポーツ目線で見る一般の方々もかなり増えました。そういう世の中になったからこそ、今の自分みたいにスクールが事業として成り立つようになったとも思ってます。

ただ、今でもスポーツ路線とは一線を画した個性あふれる人はいっぱいいます。コンテストにはほとんど出ずに、オリジナリティある滑りを映像に収めて、アメリカのThrasher(※1)からビデオパートを公開して話題を呼んだりしていますから。そう考えるとやっぱり多様化って言葉が一番しっくりきますね。※1 世界最大手のスケートボード専門誌を発行するメディア

 

オーリーをする先輩の姿に憧れてスケートの虜に

荒畑 スケートボード

ー昔はカルチャー要素が強かったとおっしゃっていましたが、荒畑さんがスケートボードに出会った当時のシーンはどんな感じだったんでしょうか?

自分は1988年にスケートを始めました。時代でいうと光GENJIがすごく流行っていた頃です。その影響もあって、じつは最初はローラースケートをやってたんですよ。それこそかなり夢中になっていたんですが、ある日近所の公園に隣の市の高校生のお兄さんたちが突然やってきて、そこで初めてオーリーをする姿を見たんです。

その時の衝撃は今でも覚えていて「カッコイイ! ヤバい!! 」という感じで、自分はそのお兄さんたちを見るのが楽しみになっていったんです。そうして気づいた頃には弟のスケボーを借りてはじめていましたね。

それで小学校5年生のクリスマスにスポーツ用品店でオモチャのようなスケボーを買ってもらって、チクタクから必死にやってました。

今の子たちはスケートボードの体験会があったからとか、子どもに何かスポーツをやらせたくてとか、習い事にスケートボードスクールがあったから、というのが多いですけど、自分が子どもの頃はそういったことは全くなかったですね。

ページ: 1 2
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事