冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

イギリスはオーガニック大国?オーガニック食品事情やおすすめショップをご紹介

イギリスはオーガニック大国?オーガニック食品事情やおすすめショップをご紹介
   
日本にも定着しつつあるオーガニック。身体に良い食べ物や商品が揃うというイメージをもっている方は多いのではないでしょうか。今回はオーガニック大国といわれるイギリスでのオーガニック事情や、おすすめショップをご紹介していきます。
   

イギリスのオーガニック事情とは?

オーガニック食品

オーガニックとは、化学的な農薬などを使用せずに有機栽培で育てた農産物を表す言葉のこと。日本では身体に優しい食べ物、そしてセレブたちが注目する健康面でのトレンドというイメージを持っている方も多いかもしれません。
 
ヨーロッパではオーガニック文化が浸透しており、さまざまなオーガニックショップやスーパーがあります。

なかでもイギリスはオーガニックに関して古い歴史があることで知られていますが、日本とくらべてオーガニックの位置づけや意識に、どのような違いがあるのでしょうか?

環境問題を重視する

イギリスでは、「健康面を考慮してオーガニックを選ぶ」という意識はもちろん、最近では「化学的な農薬を使わない」という点からオーガニックを選ぶ方が増えています。

例えば、栽培時に使用する化学的な農薬や肥料は、土壌・水質・大気などに影響を及ぼすことがあるといわれていますが、化学的なものを使用せずに有機栽培したものを生活に取り入れることで、地球環境の維持に繋がるという考えがしっかりと根付いているのです。

このような例からわかるように、健康面を重視してオーガニックを選ぶ方が多い日本に対して、イギリスでは、地球の環境問題も意識してオーガニックを取り入れている方が多いといえるでしょう。

 

イギリスでのオーガニックの浸透率は?

オーガニック食品

イギリスでは、オーガニックスーパーやレストランが日本よりも多く存在し、食べ物からコスメまで、さまざまな側面において日常生活と密接な関係があります。

また、世界的にみてもアメリカ、ドイツに次いで3番目にオーガニック市場が大きい国といわれており、日常的にオーガニックを取り入れていることが分かります。

オーガニック認証「ソイルアソシエーション」

イギリスでオーガニックが広まったのは、「SoilAssociation(ソイルアソシエーション)」といわれるオーガニック認証機関が1946年に設立されたことがきっかけといわれています。

このソイルアソシエーションとは有機農産物の検査・認証する機関のことで、人工ナノ物質の使用禁止や、過去5年以内に遺伝子組み換えした製品を生産していないことなど厳しい基準が設けられています。

また、農家のオーガニック農法への転換のサポートや学校給食の見直しプログラムの考案など、積極的にオーガニックを推奨する団体としても知られています。

イギリスでのオーガニックの価格

世界的に見てもオーガニック商品が多いイギリス。日本では、オーガニックの商品というと少し高価なイメージが強いでしょう。

イギリスでもオーガニックは、少し高級な商品という位置付けにはなりますが、日本と比べてオーガニックが身近であるため、さまざまな商品を気軽に手に入れることができます。

通常のスーパーなどでもオリジナルのオーガニックブランドを展開しているところがあり、その価格帯は通常の商品の2~3割増しといったところ。日本と比べて手に取りやすい価格帯となっています。

オーガニック商品の定期便

イギリスでは、オーガニック商品を定期便などで取り寄せることもできます。

食品類はもちろんのこと、コスメやヘアケア商品などを定期便で送ってくれるオーガニックショップもあります。

また、月ごとにおすすめのオーガニック商品が送られてくるところもあり、自宅にいながら、さまざまなアイテムを試すことができるようです。

 

イギリスで人気(定番)のオーガニック食材・商品

オーガニック食品

イギリスのオーガニックへの意識の高さをチェックしたところで、次はイギリスを代表するオーガニック商品をご紹介します。

イギリスへ旅行に行った時のお土産にもぴったりなので、是非チェックしてみてください。

人気(定番)のオーガニック商品:Clipper(クリッパー)オーガニック紅茶

イギリスといえばご存知の通り紅茶大国としても有名な国ですよね。

なかでも代表的な紅茶ブランド「Clipper(クリッパー)」は、イギリスの市場で最初にオーガニックの紅茶を発売した紅茶ブランドとしても有名なメーカーです。

日本でもオーガニックスーパーなどで購入できますが、現地ではリーズナブルな価格で手にいれることができます。

フェアトレードで手に入れた茶葉を使った紅茶をなどもあり、エシカル志向な方にもおすすめです。
Clipper(クリッパー)オーガニック紅茶

人気(定番)のオーガニック商品:pukka(パッカ)オーガニックハーブティー

ハーブティーで有名な「pukka(パッカ)」もイギリスの紅茶ブランドです。

世界各国で有機栽培されたハーブを使用し、美容や睡眠などライフスタイルに合わせたハーブティーが選べます。

ロンドンには、パッカのハーブティーカフェがありますので、観光の合間に立ち寄るのもおすすめです。
pukka(パッカ)オーガニックハーブティー

PUKKA パッカ レモンジンジャー&マヌカハニー (20袋入り) 有機ハーブティー

人気(定番)のオーガニック商品:Dutch Original(ダッチ―オーガニック)のクッキー

「Dutch Original(ダッチ―オーガニック)」は、イギリスのチャールズ皇太子のオーガニックブランドです。

ダッチ―オーガニックは、イギリスの王室御用達スーパーWaitrose(ウェイトローズ)で取り扱うブランドであり、クッキーのほかにベーコンやジャムなども展開しています。

しっとりとした口溶けの、優しい甘さのあるクッキーなので、食べるとクセになる美味しさですよ。
Dutch Original(ダッチ―オーガニック)クッキー

 

ロンドンの人気オーガニック専門店

オーガニック食品

ロンドンには、さまざまなオーガニック専門店があります。ここではイギリスへ行ったら、ぜひ訪れてほしいおすすめのスポットをご紹介します。

■人気オーガニック専門店①

as nature intended(アズ・ネイチャー・インテェンディィドゥ)

ナチュラル志向なスーパー「as nature intended (アズ・ネイチャー・インテェンディィドゥ)」。

コンビニ感覚で気軽に立ち寄れるスーパーで、ロンドンの若者御用達ショップです。食品関連からコスメ、ヘアケアなどさまざまな商品が並びます。

as nature intended(アズ・ネイチャー・インテェンディィドゥ)

■人気オーガニック専門店②

Planet Organic(プラネット・オーガニック)

世界中のオーガニック食品を扱う「Planet Organic(プラネット・オーガニック)」。食品だけでなく、コスメやサプリメントなども揃っており、店内にはデリコーナーなども設けられています。

オーガニック志向の高いビジネスマンたちも立ち寄るショップで、オーガニックなお土産を買って帰りたい方におすすめです。

Planet Organic(プラネット・オーガニック)

 

ロンドンっ子御用達!おしゃれオーガニックレストラン&カフェ

オーガニック食品

ロンドンを訪れるならオーガニックレストランやカフェに立ち寄るのもおすすめです。今回は、ロンドンっ子の間でも人気のオーガニックスポットをご紹介します。

■おしゃれオーガニックレストラン&カフェ①

Daylesford(デイルズ・オーガニック)

イギリスの田舎町コッツウォルズ生まれのオーガニックショップ「Daylesford(デイルズ・オーガニック)」は、食品だけでなくカフェも併設されたオーガニックショップです。

ナチュラルな店内では、オーガニック野菜を使ったメニューを楽しめます。優雅な西ロンドン側にありますので、ブランチなどで訪れると良いでしょう。

Daylesford(デイルズ・オーガニック)

■おしゃれオーガニックレストラン&カフェ②

ALBION (アルビオン)

おしゃれなショップが立ち並ぶショーディッチエリアにある「ALBION(アルビオン)」は、現地の方御用達のレストランカフェです。店内には、ベーカリーコーナーやお野菜、またオリジナルジャムなどの販売も行っています。

現地の方に混ざってランチを楽しみたい時におすすめのスポットです。

ALBION (アルビオン)

 

まとめ

イギリスをはじめとするオーガニック先進国では、健康面に加えて環境問題も視野に入れ、オーガニックを取り入れている方が多くいます。イギリスには、オーガニックスーパーやカフェ、コスメショップなどさまざまなオーガニックショップがありますので、イギリスを訪れる際には是非今回の記事を参考にオーガニックのショップへ足を運んでみてくださいね。
PUKKA パッカ レモンジンジャー&マヌカハニー (20袋入り) 有機ハーブティー

オーガニックカテゴリの最新記事