進行中だった史上最大級の革命が、2020年ついに定着

ウィンドサーフィン ボード歴史

出典元:pwaworldtour

 

じつはウィンドサーフィンには、2年前ぐらいから“フォイル”と“インフレータブル”という、このスポーツ史上最大級の革命が進行中でした。

フォイルは水中翼のことで、これによってウィンドサーフィンのボードは水面から浮上してセーリングするようになりました。

また、フォイルはプロワールドツアーのレーシング2種目での使用と、2024年パリオリンピックでの使用が決定。

水面を滑走するスポーツから、滑走と浮上して走るスポーツという、スポーツの概念そのものが変わったのです。

当然フォイル用ボードは滑走用とは異なります。

主力は全長が205〜220cm、最大幅は70〜100cmと、さらにワイド&ショート化され、ついに180cm代のものまで発表されました。

ちなみに次期オリンピック艇種となったスターボード社のiQFOIL100は、全長220 x 最大幅100cm、ボリュームは208ℓです。

一方、インフレータブルは空気注入式ボードのことです。

SUPでのインフレータブルボードの進化によって、SUPよりも強度と剛性が求められるウィンドサーフィンでも、のんびり楽しむスタイルでの使用が可能になったのです。

2020モデルも各社から発表されました。

ウィンドサーフィンにとって、2020年は2つの革命が定着する年となるでしょう。

 

 

誕生からダイナミックな変化を続けたウィンドサーフィンのボードは、フォイルとインフレータブルという直近の革命的変化も、今年ひとまず落ち着いた感があります。これからどのような変化をしていくのか、先はまだ不透明です。まだキャリアの浅い人やベテランでも、途切れなくウィンドサーフィンと接してきた人は、スタートした“2mボード時代”をスムーズに受け入れることができますが、そうではない人にとって常識をリセットするのは大変かもしれません。しかし、用途別のボードデザインの根本的な特徴は不変です。そのことをしっかりと踏まえて、これからのウィンドサーフィンのボードに注目してみてください。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。