冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

認証取得したオーガニックコスメが安心!認証機関やシステムとは

認証取得したオーガニックコスメが安心!認証機関やシステムとは
   
オーガニックコスメを購入する時に何を基準にしようかと迷ったら、認証を取得しているかを確認しましょう。認証は、一定の基準を満たして作られているという目安になります。ここでは、認証とは何か、世界の認証機関やそのシステムについて説明しましょう。
   

日本はオーガニックコスメの認証基準がない

オーガニックコスメ 認証

 

認証基準とは

オーガニックコスメというのは、化学肥料を使わない有機栽培で作られた、オーガニック作物を原料としている化粧品のことです。

認証というのは、第三者である機関が独自に基準を設け、その基準を満たした物に対して取得することができ、メーカーはそれを表す認定マークをつけることができます。

認証があることで、消費者は一定の水準の化粧品を安心して購入することができ、メーカーは認証を受けることで、一定の基準を満たしていることを証明できるわけです。

 

日本には認証機関がない

日本には、オーガニックコスメの認証を行っている機関がありません。

そのため、自社基準によって自然派化粧品と謳っていても、確実なところは分からないと言えます。

もちろん、自然派化粧品と名乗っているいるメーカーの中には、独自に厳しい基準を作って、良質のコスメを作っている会社もあります。

しかし、消費者にしてみると、実際に良いものなのかどうかは、わかりませんよね。

認証はオーガニックやコスメを作る工程などに一定の基準があり、明確でわかりやすい基準となります。

ですので、ひとつの目安として使うことをおすすめしているわけです。

 

 

日本のオーガニックコスメでも外国の認証を受けることが可能

オーガニックコスメ 認証

 

日本の自然派化粧品の中には、外国の認証を取得したメーカーやブランドがあります。

海外ではオーガニックの基準が厳しく、それに伴い、コスメに関しても厳しい条件や基準が設けられています。

この基準というのは、認証機関によって違っていますが、農作物の生産からコスメを作る工程までに及んでいます。

では、ここで基準の一部をあげてみましょう。

  • 完成品の95%以上が有機栽培された原料であること
  • 化学香料は使用不可
  • 遺伝子組み換えは禁止

メーカーが海外の認証機関にて認証取得するためには、費用も手間もかかります。

それでも取得する理由は、「安心」を消費者へ提供するということ。

消費者の多くが、認証についての知識があまりないかもしれませんが、それでも、新しいコスメを購入する時は誰でも不安なものです。

その不安を取り除く目安として、多くのコスメメーカーやブランドが、海外認証を取り入れているのです。

 

 

世界各国のオーガニック認証とは

オーガニックコスメ 認証
出典:USDA米農務省公式サイト

 

一般化粧品でも、合う人合わない人がいるように、オーガニックコスメだからといって、万人向けというわけではありません。

しかし、世界の認証機関は、それぞれの国や機関ごとに、厳しい基準を設けていますから、オーガニックコスメを選ぶ時の安全材料になるといえます。

オーガニック認証は、各国にそれぞれの基準を持った認証機関があります。

ここでは、日本でもよく目にする、世界のオーガニック認証について説明します。

 

アメリカのUSDA

アメリカの農務省のことで、有機JASを扱う日本の農林水産省のようなものです。

NOP(National Organic Program)という制度を基準として、認証を行っています。

 

アメリカのTDA

アメリカ、テキサス州農務局のこと。

NOPの制度ができる以前から、テキサス州農務局独自のオーガニック認定基準を作り認証をしていたという、長い歴史を持つ認証機関。

今現在は、NOPを基準とした認定を行っています。

 

EUのNaTrue

NaTrueは、ベルギーにてオーガニック化粧品の厳格な基準を維持することを目的に、2007年に設立された国際的な機関です。

「認証基準を公開して、認証制度をビジネスにしない」ということをコンセプトにしているところが、他の認証機関とは大きく違う点です。

 

フランスのECOCERT

1991年にフランスで設立された国際有機認定機関で、世界で50カ国以上の国で認証を行い、有機認証では世界基準と言われる世界最大規模の機関です。

認証を継続するためには、1年に1回の検査が必要であり、最も基準が厳しいと言われています。

 

フランスのecobio

フランス通商産業省によるオーガニック認証機関です。

フランスというと、ECOCERTがあげられますが、オーガニック大国でもあり、国をあげてオーガニック事業を推進しています。

 

イタリアのSoCert

フランスのECOSERTを基礎として、イタリアで作られた認証機関で、化粧品の他に、食品や洗剤などの認証を行っています。

 

イタリアのICEA

イタリア有機農業協会を母体とした、認定機関で、化粧品の他には、食品や衣類などのオーガニック製品の認定を行っています。

動物実験や合成染料、シリコン、コラーゲンなどの動物由来成分を禁止しています。

 

ドイツのBDIH

ドイツ化粧品医薬品商工業企業連盟の略で、2000年に作られ、可能な限り植物原料を使うということを基礎にしています。

 

 

まとめ

オーガニックコスメは、最近はブームと言っても過言ではないぐらい、いろいろなブランドがあります。多くのブランドからコスメを選ぶなら、基準のひとつに、「認証取得」というのを加えてみてはどうでしょうか。

オーガニックカテゴリの最新記事