ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

『スノーリゾートから気候変動を考える3日間』実施【「白馬岩岳スノーフィールド」の使用電力を100%再生可能エネルギーで賄う】

『スノーリゾートから気候変動を考える3日間』実施【「白馬岩岳スノーフィールド」の使用電力を100%再生可能エネルギーで賄う】
ー持続可能なスノーリゾート実現に向けて、白馬の産学一体で考える「気候変動対策」ー2020年2月2日〜4日を『スノーリゾートから気候変動を考える3日間』とし、運営するスキー場「白馬岩岳スノーフィールド」で使用する電力を再生可能エネルギーで100%賄う、国内スキー場では珍しい取り組みを実施します。
また、期間中、白馬高等学校の高校生主導のもと、スキー場にてグローバル気候マーチを実施するほか、気候変動問題に関するフィルム上映・トークイベントを行い、地域一体となって環境について考える機会を創出します。

気候変動による深刻な雪不足

気候変動による暖冬の影響を受けて長野県内のスキー場では、深刻な雪不足の問題を抱えています。
世界的にも豊富な降雪量と「Japow(Japan + Powder Snow)」と親しまれるほど人気の高い上質なパウダースノーを誇るエリアの一つである白馬においても、小雪による影響が出始めています。

白馬観光開発が運営するスキー場「白馬岩岳スノーフィールド」も雪不足により、2019-2020 冬季シーズンのオープンが前年より8日遅れ、年末年始を過ぎても山麓部まで滑走ができる状況にならないなど、過去稀にみる雪が少ないシーズンを過ごしており、地球の悲鳴を肌で感じる状況になっています。

 

白馬観光開発におけるSDGsの取り組み

スキー場事業は「雪」と「山」という大自然の恵みによって成立しています。
白馬観光開発は環境負荷の低いクリーンなスキー場経営に取り組むべく、「持続可能な開発目標」(SDGs)に賛同し、毎年の売上における1%以上相当をSDGs関連に投資・充当することで、今後5年間で白馬観光開発が排出するCO2を6%削減します。

具体的な取り組みとして、乗り合いでの来場を促進するための「CARPOOL優先パーキング」の設置、場内照明のLEDへの切り替え、断熱効率向上による暖房利用の削減などを推進しています。
https://nsd-hakuba.jp/company/sdgs.html

 

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事