半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

肌への負担が少なく、エコ&エシカルなオーガニックコスメの魅力とは?

肌への負担が少なく、エコ&エシカルなオーガニックコスメの魅力とは?
   
オーガニックコスメは、肌への負担が少なく、環境にも優しいことから、有名人をはじめとして普通の化粧品からこちらに移行する方が増えています。ここでは、オーガニック植物を原料とした化粧品とは何かという点から、さまざまな魅力について説明しましょう。
   

オーガニックコスメとは?

オーガニックコスメ 化粧品 width=

 

オーガニックコスメというのは、化学肥料ではなく自然由来の有機肥料で栽培されたオーガニックの植物の成分を原料として作られた化粧品のことです。

普通の化粧品とは異なり、クリームやローションの力で肌を美しくするのではなく、肌に元々備わっている自然治癒力を引き出してくれる効果があります。

例えば、肌には元から保湿効果があります。

しかし、習慣で保湿クリームをつけ続けると、肌はそれに慣れてしまい、肌本来の保湿力が低下することもあります。

オーガニック化粧品は、肌を甘やかすのではなく、肌本来の力を取り戻す手伝いをしてくれるわけです。

また有機栽培された植物を原料とした成分をメインとしているため、その優しい香りにも特徴があります。

植物や花から抽出した精油を使ったアロマテラピーは、リラックスさせたり、集中力を高めたりする効果がありますが、オーガニックコスメも同じように、香りで気持ちを癒す効果があるといえます。

 

 

オーガニックコスメ・化粧品は肌に優しい

オーガニックコスメ 化粧品

 

オーガニックの化粧品というと、なんとなく肌に優しいようなイメージがあります。

ここではなぜ優しいのかという点について、詳しく説明します。

 

作る工程でも化学的な成分は入れない

オーガニックの化粧品の原料は、有機栽培された植物から抽出したものが主成分です。

それに対して一般的な化粧品は、コスパや便利さを追求しているので、浸透しやすいように石油系のミネラルなど化学的な成分も多く使われています。

クレンジングに使われている成分で有名な界面活性剤も石油系の添加物ですが、水とよく馴染むため、すばやくメイクを落とすことができます。

しかしその反面、肌に必要な油分も取り去って、肌にとって刺激となることもあります。

オーガニック化粧品は、原料だけではなく、このような肌に影響があるような添加物を加えないということをはじめ、できる限り化学的な成分を使った工程を入れないようにしています。

化学的な成分がすべて肌に悪いというわけではありませんが、少なからず影響を与えるものがあるためです。

オーガニックコスメは、肌を表面的に改善するのではなく、根本から元気にしてくれるため、敏感肌やアトピーといった肌に刺激を受けやすい人たちにも、好まれています。

 

ゆっくりと肌を改善

自然由来の化粧品は、肌の自然治癒力をアップさせてくれますが、即効性はあまりないといえます。

私たちは、つけたらすぐにしっとりとする一般的な化粧品に慣れてしまっているため、即効性がないというのはネックになるかもしれません。

しかし、本来体の機能を取り戻すためには、多少時間がかかるのは当然のことです。

例えばダイエットをして体重が減っても、短期間で落とせば落としたほどリバウンドの可能性が高くなります。

これは体重が急に減ったために、体は緊急事態と認識して、食べ物が入ってきたら、それを体に溜めこみ、それでいてなるべく消費カロリーを減らそうという、低消費モードになってしまうからです。

オーガニックコスメは、ゆっくりですが使っていると肌の調子が改善していきます。

その効果が表れるのを、いまかいまかと待つのも楽しいひと時です。

 

シミやシミにも効果が期待できる

また、オーガニックの化粧品は、肌トラブルを持つ方にも好まれています。

そもそもシミやシワができる大きな原因は、紫外線などによる肌の乾燥。

ターンオーバーを繰り返すことで、少しずつ改善していきます。

しかし、加齢や肌の状態によって、そのターンオーバーにも少しずつ時間がかかるようになり、だんだんと目立ちはじめるのです。

自然由来の化粧品は、肌のターンオーバーを促してくるので、肌の新陳代謝が活性化され本来の美しい肌へ戻っていくことが期待できます。

 

 

コスメもエコ&エシカルが人気

オーガニックコスメ 化粧品

 

最近の化粧品は、コスパがよく美容効果があるということだけではなく、「エコ&エシカル」であるべきと言われます。

ここでいうエコの意味は、自然環境へ配慮するということ。

エシカルは道徳や倫理ということ。

エコはかなり浸透している言葉ですが、エシカルは最近人気の言葉で、道徳と倫理、つまり利益優先ではなく、自然や社会道徳などを考慮するということです。

化粧品の原料である植物は、有機栽培されていますが、化学肥料を使わない栽培方法のため土壌自体も、本来の力を取り戻すことができ、環境にも優しいと言われます。

そもそもオーガニックの目的は、有機栽培をすることで土壌を良い状態にして、「健全な地球の植物連鎖を維持する」ということです。

オーガニックの食べ物や植物というのは、この副産物ともいえるわけですが、有機栽培された植物を使ったコスメは、お肌を過度に甘やかすことなく、肌のコンディションを整えてくれるので人気が高いのです。

 

 

まとめ

オーガニックコスメは、一時的な流行ではありません。誰でも美しくて健康的なお肌がほしいもの。肌への負担が少ない化粧品を使って、肌本来の力をとりもどしてみませんか。






オーガニックカテゴリの最新記事