Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!10月第2弾は、国内販売開始となる「メープルウォーター Maple3」

【2019年】人気度は県内一との呼び名も高い筑波山の紅葉スポット

【2019年】人気度は県内一との呼び名も高い筑波山の紅葉スポット
   
筑波山といえば、日本百名山のひとつで、茨城県内でも紅葉が美しいスポットとして、県内外から毎年たくさんの人が訪れます。ここでは、筑波山で紅葉を見られる場所や時期、そして見どころについて説明しましょう。

時期的に紅葉が一番早いのは山頂

筑波山の紅葉スポット 

筑波山の特徴

筑波山は、昔から「西の富士、東の筑波」とも称され、標高は1,000m以下と低いものの、美しさでは富士山とも劣らないといわれます。

筑波山は、ブナ、ミズナラ、イロハカエデ、イロハモミジ、オオモミジといった落葉広葉樹の種類が多いので、紅葉の季節になると山全体が美しく色づくことから、茨城県でも有数の紅葉スポットです。

筑波山の紅葉の期間は年によっても違いますが、10月下旬から12月上旬ぐらいまでと、1ヶ月半にもおよび長く楽しめます。

筑波山は、女体山と男体山の2つの峰があり、標高はそれぞれ877mと871mと低いのですが、気軽に行ける山として人気があります。

ハイキングには興味がないという人でも、車で途中まで登り、その後はロープウェイやケーブルカーで、山頂まで行くことができるので便利です。

 

紅葉は山頂から

もちろん山頂に行かなくても、紅葉を楽しむことができますが、1番最初に色づくのは山頂付近ですから、時期的に早い場合は、山頂がおすすめです。

山頂から見る風景は、時期によっても違いますが、カラフルな山頂から、麓に行くに連れて緑が多くなる、美しいグラデーションをみることができます。

ロープウェイやケーブルカーに乗らなくても、自分の体力にあわせて登山をするという選択もあります。

筑波山の登山は短長さまざまなコースがありますし、「弁慶七戻り」、「ガマ石」といった不思議な力があるといわれる聖石があったり、縁結びにも効果があるいわれるスポットの宝庫です。

そんなところに立ち寄りながら、紅葉をながめるのも、風流かもしれませんね。

 

 

筑波山神社やケーブルカー辺りも見ごたえあり

 

筑波山の中腹にある筑波神社やケーブルカーがあるあたりも、紅葉がみごとなエリアです。

筑波山のケーブルカーは筑波山神社のすくそばから出ていて、男体山の山頂手前まで行くことができます。

またロープウェイは、女体山の中腹にあるパーキングのそばから出ていて、女体山の山頂の手前までいくことができます。

筑波山神社にお参りしてから、ケーブルカーで山頂を目指すというのが、筑波山の紅葉狩りの王道コース。

ケーブルカーからも、登る道すがら、赤、オレンジ、黄色という美しい紅葉を堪能することができ、8分という乗車時間はあっという間です。

またケーブルカーで山頂付近まであがったら、ぜひ男体山の山頂のまわりを一周する自然研究路も散策してみてください。

1周1.5Kmあり、だいたい1時間ぐらいで周ることができ、紅葉とともに、関東平野を一望することができます。

そしてロープウェイで女体山駅まで行ったら、歩いて女体山御本殿へお参りして、さらにその奥にある女体山の山頂に行ってみましょう。

山頂からは赤く染まった山々が見られるだけでなく、天気がよく空気が澄んでいれば、富士山やスカイツリーも見えるときがあるとのこと。

こう聞いたら、行きたくなるのではないでしょうか。

ここで気をつけなくてはいけないのは、ロープウェイとケーブルカー出発地と到着地が近くではないというところです。

たとえばロープウェイは女体山側に、ケ−ブルカーは男体山側につくようになっています。

これを間違えると、ケーブルカーに乗りたかったのに、ロープウェイ近くのパーキングに来てしまった、またはロープウェイに乗りたかったのにケーブルカーの近くに来てしまったなど、よくあることです。

男体山と女体山のあいだは、歩いて行くことができるのですが、間違えると予定が狂ってしまうこともありますので注意しましょう。

 

 

紅葉祭りでライトアップされる夜もおすすめ

筑波山の紅葉スポット

 

筑波山では、11月上旬から12月上旬まで、筑波山もみじまつりを毎年開催しています。

2003年にはじまり、2019年で17回目をむかえるこのお祭りは、筑波山でもとくに美しい紅葉が見られるという、ケーブルカーとロープウェイ沿線、宮脇駅周辺を中心に各駅で約100本のもみじが夜間ライトアップされます。

日の光に当たった紅葉も美しいですが、夜ライトアップされた紅葉は、とても神秘的でロマンチックなもの。

デートにもよいですし、普通のもみじ狩りに飽きたという人にも、少し変わった角度から紅葉を見るのもいいですね。

 

筑波山アクセス方法

つくばエクスプレスつくば駅下車、駅前のバス停より「筑波山シャトルバスにて「筑波神社入り口下車(乗車時間36分)、もしくは「つつじヶ丘」下車(乗車時間50分)
ほかのアクセス方法は、つくば市のサイトをご参照ください。

https://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/kankojoho/tsukubasan/1001419.html

 

 

 

   

まとめ

筑波山といっても、広いのでどこに行こうか迷ってしまいますが、歩きがあまり苦ではないならば、ケーブルカーで男体山に行くコースがおすすめ。あまり足に自信がない場合は、パーキングからすぐに乗れるロープウェイがおすすめです。男体山と女体山の山頂は、30分ほどで行き来することができますし、その中間には展望台もありますので、気分や足の調子などを見ながら、美しい紅葉を楽しみましょう。

レジャーニュースカテゴリの最新記事