ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

【穴場スポット】鳥取の天然渓流釣り場とおすすめ管理釣り場!

【穴場スポット】鳥取の天然渓流釣り場とおすすめ管理釣り場!
   
鳥取県は、西日本でも有数のトラウトの魚種が多い地域として知られています。 イワナの放流も盛んで、古くから「ゴキ」と呼ばれ愛されています。 今回は鳥取の天然渓流釣りポイントと、おすすめの管理釣り場をご紹介します。
   

魚種が豊富な鳥取の渓流釣り

鳥取の渓流釣り・管理釣り場

鳥取県は、県外の人間からすれば砂丘のイメージでどこか乾いた土地の印象がありますが、海水・淡水両水域において理想的な釣りポイントの多い、恵まれた土地です。

とくに淡水域では、魚種が多く、さかんな放流活動によって魚影の濃いポイントが豊富にあります。県内には大小さまざまな川が入り組み、好みのスタイルで釣れるのも魅力です。

1,000m級の山々から豊富に流れる雪解け水が、源流から本流までを渓魚の生息地にしているんです。

なかでもイワナに関しては、西日本でも有数の放流数を誇り、古くから「ゴキ」「タンブリ」「オモ」などと呼ばれて親しまれています。もちろんヤマメもよくあがります。

源流の渓相もさることながら、民家のすぐ横を流れる川でも渓魚が狙える恵まれた環境は、西日本随一と言えるでしょう。鳥取県は、日本産渓魚とたわむれるにはうってつけです。

 

鳥取の天然渓流釣りポイント

官民の努力によって渓魚が守られる自然渓流

鳥取の渓流釣りポイントでは、渓魚を守るため地域によって独特の規則があります。

細かなルールによって渓流の豊富な資源が守られているので、天然の渓流釣りをする場合は、それぞれ合わせて確認し厳守するようにしましょう。それではさっそく、渓流釣りポイントを紹介していきます。

鳥取の渓流釣りポイント①千代川(せんだいがわ)

千代川(せんだいがわ)は、鳥取東部を流れる一級河川です。

倉吉市街を流れるもっとも大きな川ということで知られており、鳥取砂丘を経て日本海に注ぎます。毎年ゴールデンウィークごろになると、ヤマメとイワナの稚魚放流が積極的に行われています。

とくにヤマメは、成魚の放流も行われるので恵まれた環境なので、釣果も期待できます。

こういった日本産渓魚保護のため、智頭町ではニジマス(ブラウントラウト)を駆除目的でリリースを禁止しています。

専用区、もしくは保護区が制定されており、ルアー・フライ専用区、友釣り専用区などが指定されています。保護区や専用区は時期によりエリアが変わるので、入渓時には確認するようにしましょう。

遊魚券は年券5,500円、日券3,500円となっています。(アユ・コイを含む場合、年券9,000円)

■漁協:千代川漁業共同組合

鳥取の渓流釣りポイント②天神川(てんじんがわ)

天神川(てんじんがわ)は、鳥取中部を流れる一級河川です。

標高1,118mを誇る津黒山から、日本海まで32kmあります。毎年ヤマメとイワナの稚魚放流が行われており、百谷ダム以下では天然のアユの釣果も期待できるポイントです。

川に沿って線路(山陰本線)が敷かれていることもあり、大部分が民家の近くで、初心者でも釣りやすいことから人気のポイントです。

また川幅が狭く、住宅街を流れる里川のような渓相なので、比較的軽装で気軽に出かけられるのも人気の理由です。

一部エリアでは、フライ・ルアーのみの専用区間が制定されているので、入渓前にあらかじめ確認しておくといいでしょう。遊魚券は年券5,000円、日券3,000円となっています。(アユ・コイを含む場合、年券8,000円)

■漁協:天神川漁業協同組合

鳥取の渓流釣りポイント③日野川(ひのがわ)

日野川(ひのがわ)は、鳥取西部を流れる一級河川です。

米子を流れる川幅が広く穏やかで、河川敷も広いことから、釣りのみならず川遊びスポットとしても知られています。

放流はヤマメのみですが、自然繁殖し居ついているイワナも多く、サツキマスもたびたび上がります。また、日本海から遡上しやすい渓相で、サクラマスやウナギの有名ポイントでもあります。

JR線(伯備線)が川に沿って敷かれており、上流の源流付近まで電車移動できることでも人気のポイントです。遊漁券は年券6,000円、日券3,300円となっています。(アユ・コイを含む場合年券9,000円)

■漁協:日野川水系漁業協同組合

※詳細は各漁協、および遊魚券取扱店にご確認ください。

 

おすすめ管理釣り場

鳥取の渓流釣り・管理釣り場

鳥取は県内全域に豊富な釣り場が点在しているので、管理釣り場の数は少ないです。

もし、まったく釣りの経験がなく、まず渓魚の扱いなどを学びたいという場合は清流遊you村フィッシングセンターに行ってみましょう。

清流遊you村フィッシングセンター

餌釣り限定ですが、天然渓流を利用した河川型の釣りエリアでは、イワナやヤマメ、ニジマスが狙えます。渓流釣りの練習目的の方は、正午以降の日の上がりきった時間が魚の動きも変わるのでおすすめです。

魚の掴み取りもでき、バーベキューも楽しめるので家族連れにもおすすめです。

清流YOU村フィッシングセンター

〒682-0433 鳥取県倉吉市関金町小泉292-1

株式会社小泉川養魚場内



まとめ

鳥取は、全国から見てもとくに渓魚の保護に力を入れている地域です。官民の努力によって釣りの好ポイントが多く残っていますが、ルールも細かく指定されているので注意が必要です。我々釣り人も、天然資源保護を常に念頭に置き、後世にすばらしい鳥取の渓流環境を残せるように協力して釣りを楽しみたいですね。






渓流・フライフィッシングカテゴリの最新記事