ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

曇り模様は渓流日和!釣果を出すには無視できない曇りの渓流釣りのすすめ

曇り模様は渓流日和!釣果を出すには無視できない曇りの渓流釣りのすすめ
   
曇り模様は人間でも運動日和と言われますが、魚も曇りが大好きで活性があがります。 釣りを楽しむという意味でも曇りは絶好の釣り日和で、渓流では危険度も低いので初心者は曇りを狙いましょう。 今回は、曇りの日に渓流釣りに行くときのポイントをご紹介します。
   

初心者はまず曇りの日に渓流に行ってみよう

渓流 曇り

 

渓流釣りに限らず、釣りには天気の影響がとても大きく、天気が釣果を左右します。

渓流釣りにおいてのセオリーは、雨の日はよく釣れるというもの。

水に濁りが出て、増水などで水中の状況も大きく変わるので魚の活性があがるためです。

ただし、いわずもがな雨の山はとても危険です。

川が増水し簡単に足を取られてしまい、場合によっては落雷の危険などもあるからです。

次に魚の活性があがるのが、くもり模様の天気です。

雨の日ほどではありませんが、魚の活性があがり、釣果があがりやすいのです。

まだ釣りにも自然にも慣れていない初心者の方は、比較的安全で釣果のあがりやすいくもりの日に挑戦してみるのがおすすめです。

 

装備は抜かりなく準備しよう

比較的安全とはいえ、やはり自然に入る以上危険はつき物。

基本的な装備は絶対に抜かりないようそろえ、万が一の事態にも備えた安全装備も持っておくといいでしょう。

とくに初心者の方であれば、ちょっとした状況の変化などにまだ対応できず、事故に巻き込まれてしまうリスクがあがります。

まだ初心者だからと気を抜かず、安全装備を十分に揃えた上で渓流釣りに挑戦しましょう。

 

 

くもりだと渓流はなぜ釣果が上がる?

渓流 ます

 

釣りの釣果を影響するのは、魚の活性です。

かんたんに言えば、魚がどれだけ活発に活動しているかを指す言葉で、どんな釣りでも魚の活性を重視します。

魚が活発に動いていれば、隠れ家から姿を現し、餌をよく食べるので釣果があがるというわけです。

渓流でなぜ曇りがいいかというと、食物連鎖のなかでの渓流魚の立場にあります。

渓流周辺の食物連鎖のなかでは、魚は比較的下位にいます。

捕食者は魚ではなく、クマや鳥、イタチなど水上の生き物なので、水上から自分が見えているかどうかに神経を使っています。

晴れているときは、影がくっきり映りますよね。

これは水中でも同じで、強い光が差し込む水中では、川底に川の周りにいる生き物の影が映り、魚はそれを警戒します。

曇れば影は映りにくくなるので、魚のプレッシャーが落ちて活性があがるため、水中を泳いで餌を捕食するようになります。

 

雨上がりのくもりが釣果にはベスト

魚のプレッシャーが低いのが雨の日です。

さまざまな要因がありますが、なかでも大きいのがやはり視界です。

雨が降ると増水し、水が濁って水上から水中のようすが見えなくなります。

釣り人はこの水を「カフェオレ水」と呼び、もっとも活性が上がるので、好んでこのタイミングを狙います。

かならず雨が降っている最中でなくとも、雨が上がったあとに水がやや濁っていれば、同じ効果があります。

雨が降っている中の釣りは雨で体力が奪われたり、増水した川に足を取られて転倒したり、濡れた岩場で転落したりするリスクもあります。

このため、雨が降って一度増水し、すこし落ち着いてやや濁っているタイミングが、初心者の方にもっともおすすめのタイミングになります。

 

 

曇りからの雨に注意!

渓流川雨増水

 

曇っている最中は環境的にも釣りやすく、釣果も上がりやすくなりますが、その後の天気の変化には注意が必要です。

よく山の天気は変わりやすいと言われますが、実際そのとおりで、山の傾斜に沿って風が流れるので、平地よりも急に天気が移り変わります。

渓流ではこの変化が致命的で、突然の増水や落雷が大事故に繋がることもあります。

環境が変化すれば魚の活性があがることもありますが、事故を避けるために前もって天気を把握しておく必要があります。

 

天気は「天気図」で把握しよう

山の天気の移り変わりは、天気予報では予想してくれません。

天気予報は基本的に人が住んでいるエリアを中心に予想するので、例え場所が近くても山と街では天気予報がまったく変わります。

そこで、山の渓流に入る場合は、天気図から天気を予想しましょう。

最近では気象庁のウェブサイトや、各天気予報サイトから天気図を見ることができます。

そのなかから雨雲レーダーを見て、自分のいるエリアに雨雲が接近しているかどうかを確認すれば、詳細な天気を予想することもできます。

もちろんそれだけを過信せずに、雨が降る前に行動するよう心がけましょう。

 

 

まとめ

曇りの渓流釣りは魚のプレッシャーが下がり、活性があがるので釣果につながりやすいです。より活性のあがる雨の日よりも釣りやすいので、初心者の方にもおすすめです。ただし天気の急変もありえるので、装備を揃えた上で安全に渓流釣りを楽しんでくださいね。




渓流・フライフィッシングカテゴリの最新記事