マウンテンバイクで冬道へ!スパイク装備のマウンテンバイクが走れる道と走れない道

Greenfield

マウンテンバイクで冬道へ!スパイク装備のマウンテンバイクが走れる道と走れない道 出典Pixaday

昨今の自転車ブームもあり、冬道を自転車で走る人が増えています。特に悪路に強いマウンテンバイクが人気ですが、マウンテンバイクも路面に応じたタイヤを装備しなければ危険です。今回はスパイクタイヤを中心に、路面状況に合わせたタイヤ選びをご提案します。

路面状況によって適したタイヤは変わる

MTBブロックタイヤ

出典Pixaday

 

冬道を走る自転車といえばスパイクタイヤを装備するのが一般的です。 

しかし、スパイクタイヤにも得意な路面と苦手な路面があります。 

通常、マウンテンバイクやファットバイクなどのオフロードバイクには、ブロックタイヤが装備されています。 

場合によっては、冬道でも標準装備のブロックタイヤのほうが適しているシーンがあります。 

まずは、それぞれのタイヤの特徴を考えてみましょう。 

 

スパイクタイヤ 

スパイクタイヤはタイヤの表面に金属のピンが飛び出ており、このピンが路面に刺さることでグリップする冬道専用のタイヤです。 

自動車では積雪路面や凍結路面を除きスパイクタイヤの使用は禁止されていますが、自転車では規制されていません。 

ただし、みだりに道路を傷付けると法律に触れる場合がある上に、タイヤの寿命が短くなるので、自動車と同じく積雪または凍結路面での使用をおすすめします。 

  

ブロックタイヤ 

タイヤの表面に台形の凹凸が無数にあるタイヤで、オフロードバイクに使用されるタイヤです。 

凹凸が緩い路面に食い込むことでグリップ力を生む構造で、マウンテンバイクの主戦場である未舗装の泥道で効果を発揮します。 

 

 

スパイクタイヤが適した道

凍結路面

出典Pixaday

 

スパイクタイヤはピンが突き刺さることでグリップするので、比較的硬い路面に適しています。 

スパイクタイヤが適している具体的なシーンを考えてみましょう。 

 

凍結路面 

スパイクタイヤがもっとも威力を発揮するのが、路面が完全に氷で覆われている場合です。 

通常のタイヤではスリップして前に進めず、自転車のように二輪だと横滑りのリスクも大きくなります。 

スパイクタイヤの場合はピンが氷に突き刺さり、スリップするリスクを大幅に軽減します。 

雪国の初冬には「ブラックアイスバーン」と呼ばれるコンクリートの内部から凍結する薄い凍結路面もありますが、スパイクタイヤであればこういった路面にも十分対応します。 

 

表面が固くなった圧雪路面 

雪が降り続き、積雪を人や車が踏み固めた路面を圧雪路面と呼びます。 

雪国では、除雪が不十分な地域だと圧雪が50cm以上にもなることがあります。 

圧雪路面では人や車の重みによって雪がうっすら溶け、踏み固められた雪の上に薄い氷が張っている場合が多いです。 

さらにその氷は人や車が通ることによって磨かれ、凍結路面よりも滑りやすくなります。 

この路面もピンが刺さりやすく、スパイクタイヤが得意とする路面状況です。 

ただし気温が上がってきて圧雪路面が解け始めている場合は、ピンが刺さっても体重がかかると崩れてしまうので注意が必要です。 

 

 

スパイクタイヤが苦手な道

積雪路面

出典Pixaday

 

スパイクタイヤは刺さったピンが固定されることでグリップするので、柔らかい路面が苦手です。 

スパイクタイヤではなくブロックタイヤのほうが適している場合もあるので、ぞれぞれ確認してみましょう。 

 

新雪路面 

踏み固められてない新雪の場合、スパイクタイヤの効果はほとんどなくなります。 

スパイクタイヤは氷や踏み固められた雪に刺さることでグリップ力を発揮するので、柔らかい雪では走ることで押し固められてもピンが雪を掻いてしまうからです。 

薄い新雪はブロックタイヤで走れますが、50cmを超えるような厚い新雪の場合、ブロックタイヤでも雪に埋まってスタックしてしまい走行は不可能です。 

例外的に、薄い積雪がある道路や歩道の場合は雪の下のコンクリートが凍結している場合あり、もし凍結していればスパイクタイヤも効果的になります。 

 

足跡が付くような緩い圧雪路面 

スキー場のように、比較的緩く踏み固められた路面でもスパイクタイヤはグリップしません。 

逆にブロックタイヤはこういった路面が得意で、特にダウンヒルレース用のタイヤはブロックが深いので雪に食い込みやすく効果的です。 

スパイクタイヤも一見ブロックタイヤのように盛り上がっていますが、スパイクタイヤのブロックパターンはピンを埋め込むためのもので、緩い路面に食いつかせるためのものではありません。 

効果がまったくないわけではありませんが、専用のブロックタイヤに比べるとやはりその性能は劣ります。 

 

 

まとめ

マウンテンバイクで冬道を走るならスパイクタイヤというイメージが定着していますが、紹介したようにスパイクタイヤには苦手な路面もあります。特に雪国でない地域では積雪してもピンが刺さらないレベルの積雪で終わる場合も多く、ブロックタイヤの方が有効な場合が多いです。雪道でのサイクリングに挑戦する場合は路面状況をよく観察し、適切なタイヤを選ぶようにしましょう。

公式アカウント

関連記事