多喜火鉈シリーズ第三弾!ありそうでなかった刀身縦ラインがポイント!鉈を叩く際の目印を刻印した「多喜火鉈 ステンレスナイフ型」を発売します。

多喜火鉈 ステンレスナイフ型

多喜火鉈第三弾として発売するのは、錆びにくいステンレス鋼材を採用し、刀身に3本の縦ラインを入れ鉈を叩く際の目印を付けました。
これは多喜火鉈発売当初、グリップ(木部)が割れた、割ってしまったとの声が届き商品開発に至りました。
「刀身の中心部から先端部を叩いてください」といっても人によって感覚が異なり、又、バトニング時でも同じ個所を叩くことができず、誤ってグリップ部を叩いてしまう傷跡を確認することが出来ました。
それらを解消するため刀身部に目印を入れ、誰でも気軽に安心してバトニングを楽しめるよう開発しました。

多喜火鉈 ステンレスナイフ型

3本の縦ラインのいずれかを、割りたい薪の大きさの中心部に置きバトニングするだけです。
又、薪の角と角を内側、外側ライン内に合わせると4cmの小割薪を作ることが可能です。
次のフェザースティックも容易にできるサイズです。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。