アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

あなたの環境への負荷は地球何個分?エコロジカルフットプリントで見える化

あなたの環境への負荷は地球何個分?エコロジカルフットプリントで見える化
日々の生活がどれほど環境に支えられているか、わかりやすく数値化したのが、エコロジカルフットプリントです。今回はエコロジカルフットプリントの観点から、人間が環境に与えている負荷について説明。負荷を減らすために、個人でできることもご紹介します。

エコロジカルフットプリントとは

エコ ロジカル フット プリント 減らす

エコロジカルフットプリント(Ecological Footprint)という言葉には、「人間が地球環境を踏みつけにした足跡」という比喩も含まれています。一体どういうことなのか詳しく見てみましょう。

環境への負荷を「見える化」するエコロジカルフットプリント

エコロジカルフットプリンとは、人間の生活を支えるために必要な土地の面積のことです。私たちの毎日の生活は、地球上のさまざまな土地を利用することで成り立っています。

たとえば、農地がなくては穀物の生産はできません。酪農を行うためには放牧地が必要です。また、大気中に排出された二酸化炭素を吸収する森林も、人間にとって重要な土地ですよね。

このように土地は資源を生み出し、不要なものを負担してくれます。私たちは土地に支えられることで生きていけます。人間が現在の生活をつづけるために、こうした土地がどれほど必要かをあらわした指標が、エコロジカルフットプリントです。

いいかえると、私たちの生活スタイルが、環境にどれくらいの負荷をかけているのか。これをわかりやすく「見える化」してくれる数値ともいえるでしょう。

エコロジカルフットプリントの計算方法

ひとつの地域のエコロジカルフットプリントは、以下の式で計算できます。

1人あたりの消費 × 人口 × 生産・廃棄効率 = エコロジカルフットプリント

生産・廃棄効率というのは、一定量の資源を生産したり、二酸化炭素を吸収したりするのに必要な土地の面積のことです。この計算式を用いれば、その地域の人たちの生活を支えるのに必要な土地の面積=エコロジカルフットプリントが求められます。

計算式からは、1人あたりの消費が増えるほど、エコロジカルフットプリントが大きくなることがわかりますね。つまり、人間が消費したぶんだけ、環境への負担が増えるということ。環境負荷をより小さくするためには、消費活動をおさえる必要があるのです。

 

世界と日本のエコロジカルフットプリントの現状

エコ ロジカル フット プリント 減らす

現在のエコロジカルフットプリントの値を知ると、地球が危機に瀕していることがわかります。

エコロジカルフットプリントの国別ランキング

エコロジカルフットプリントの値が大きいのは、先進国や、産業がさかんな途上国です。

2018年時点で、エコロジカルフットプリントが大きい国のランキングを以下の表で見てみましょう。なお、エコロジカルフットプリントの単位は、「グローバルヘクタール(gha)」であらわされます。

順位国名エコロジカルフットプリント(gha)
1中国55億4088万
2アメリカ26億5680万
3インド16億3609万
4ロシア7億7394万
5日本5億8611万

産業が発達しており、人口が多い国が上位に入っています。

世界中の人々が今のような消費ペースで生活をつづけると、地球約1.75個分の土地が必要です。つまり、地球はひとつしかないのに、すでに1.75個分を消費しているということ。人間がこの先も地球で暮らしていくには、世界のフットプリントを地球1個分以下におさえなくてはなりません。

日本人の環境への負荷は地球約2.9個分

前述の表のとおり、日本は第5位にランクインしており、日本人の生活も地球の環境に大きな影響を与えていることがわかりますね。ちなみに、世界中の人々が日本人と同じような暮らしをすると、地球は約2.8個必要になります。

また、都道府県別のランキングでは、東京都が1位。世界の人々が東京都民と同じ生活をしたら、地球が約3.1個必要という結果でした。エコロジカルフットプリントを減らすためには、まずは私たちが、日々のライフスタイルを変えなくてはなりません。

出典:
Data Footprint Network
WWF「環境と向き合うまちづくり」 

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事